おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

【子供の習い事】苦手分野の克服や、新しい能力の開発に最適!!交流を広げるチャンスにも。

我が家の7歳の長女は、幼稚園の年少(4歳)の時から、体操教室に通っています。

 

もともと、体を動かすのが好きだったので、習い事をさせるなら運動系が良いかな、と思って。

 

幼稚園の頃は、45分間でしたが小学生になると、17~18:30の90分になりました。

 

その日によって、内容は違いますが

  • マット
  • 跳び箱
  • 鉄棒

など、体育の授業で習うものばかりなので、苦手分野の克服や、体を動かすことで体力も付くし、バランス感覚も培われるので、体を動かすことは もちろん、運動が苦手なお子様にも体操教室は、おすすめですよ!

 

長女が、体操をしている間、次女は…というと。

 

 

 

邪魔にならないところで、遊ばせてもらっています。

 

体操の道具があるので、次女も、ちょっとした運動です。


f:id:shihomaru:20180118143549j:image

一本橋、渡れるかな。おっとっと…


f:id:shihomaru:20180118143559j:image

 鉄棒、ぶら下がれるよ。ぶ~らん、ぶ~らん。

 

 【目次】

 

 

今日の絵本

【ようい どん】

わたなべ しげお ぶん

おおとも やすお え

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

くまくんは、橋を とんとんと渡ります。

 

どすん!

 

橋から落ちて、尻もちをつきました。

 

今度は鉄棒で ぐるりと一回り。

 

どすん!

 

鉄棒から落ちて、また尻もちをつきました。

 

それでも、くまくんは諦めません。


f:id:shihomaru:20180118143406j:image

 

 

おだっちの感想

くまくんは、みんなと一緒に障害物競争をしています。

 

障害物競争って、運動会で行われると、とっても盛り上がる競技ですよね。

 

長女の小学校でも、運動会で行われました。

 

パン食いや、飴玉もあり、みんな一生懸命。

でも、楽しくて笑ってしまいました。

 

失敗しても諦めずに頑張る、くまくんを思わず、

「頑張れ‼」

って応援したくなる、お話です。

 

次女は、この絵本が大好きで、

「あれあれ~。」

というフレーズを、一緒に言っています。

 

裏表紙で、くまくんの順位が分かりますが、最後まで諦めずに一生懸命、頑張った くまくんは一等賞ですね。

 

小さい子供でも、分かりやすい短い文章と絵で、描かれている絵本です。

 

失敗しても諦めない、頑張る心や、応援して支えてあげる、思いやりの心が育まれます。

 

 

子供の習い事

子供に、何か習い事をさせてあげたい、とお考えの方も多いと思います。

 

実際に、習い事をしている子供が、長女のお友達にも沢山いるので。

 

しかも、一つだけではなく、あれや、これやと…

 

子供も色々と大変ですよね(^_^;)

 

宿題もしなければいけない、友達とも遊びたい…

 

ゆっくり休む暇もないかな。

 

 

 

私も小さい頃、ピアノを習っていました。

 

ピアノを習っていたおかげで、楽譜が読めるので、大きくなってからも大変、役に立ちます。

 

娘たちが、

「〇〇弾いて!」

というと、楽譜がなくても、だいたい何となく弾けます。

 

だから、ピアノを習わせてくれた両親には、本当に感謝しています。

 

習い事、一つするにも、やはり費用が必要です。

 

月謝は もちろん、道具や教材なども。

 

それを、いくつも、習い事をしているとなると…

 

子供の将来を願う、親心が凄く感じられますね(*≧∀≦*)

 

 

もちろん、習い事をしていないから、といって大人の方を批判するわけではありません。

 

例え、習い事をしていなくても子供は、立派に成長するのですから。

 

習い事も、子供が したい!というものでなければ、なかなか続かないし、やる気も出ませんよね。

 

習い事を通じて、我が子の能力を、さらに引き出したり、新たな才能を見出だす、きっかけにもなります(^-^)v

 

長女に体操を習わせて、正解だった!

 

長女も体操教室を毎週、凄く楽しみにしているし、今は逆立ちの練習を一生懸命、頑張っているようです。

 

また体操教室を通じて、学校外でも新しい友達が出来たので、交流を広げるチャンスにもなります(*^^*)

 

 

おしまい

実は長女は、体操の他に英語も習っています。

 

小学生になってから始めたので、まだまだですが、ネイティブな英語を耳にするだけでも、英語に触れる良い機会になります。

 

普段は、ほとんど英語を耳にすることはありませんからねぇ(^_^;)

 

先日は、衣類の脱着の言い方を習ったそうです。

 

日本語では、

  • (服を)着る
  • (帽子を)かぶる
  • (靴を)はく

など、体に身に付けるものによって、言い方が違いますよね。

 

でも、英語では身に付けるものは全て、『put on』を使うようです。

 

そう考えると日本語は、使い回しがあって難しい言語なのかなぁ(-_-;)

 

ちなみに、脱ぐ時は、『take offと言うそうです。

 

take offって、飛行機が離陸する時の言い方のイメージが強いのは私だけかな?

 

長女と一緒に、私も英語に触れる良いチャンスを経験させてもらっています(*^^*)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ