おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

節分は一年の始まり!~やまんばと鬼の愉快で楽しい絵本~

お正月が終わると、次は節分

 

日本の行事は次から次へと、色々ありますよね(^-^)

 

スーパーにも、鏡餅やお正月飾りのコーナーから、あっという間に節分に早変わり。

 

豆まきの豆や、太巻き(恵方巻)を作る商品が陳列されています。

 

美味しそうな具が、沢山入った太巻きを恵方に向かって、ガブリっ(*≧∀≦*)

 

何だか福が舞い込みそうですよね!

 

 【目次】

 

 

節分が一年の始まり?!

意外と知らない『節分』のお話。

 

みなさんは一年の始まりは、いつだと思いますか?

 

「もちろん、一月一日の元旦に決まってるよ!」

 

確かに、大晦日~元旦にかけて、年が変わりますよね。

 

しかし!!

 

実は、節分も季節を分ける、つまり年が変わる大切な日なんです(>_<)

 

こちらを見て下さい⬇

太陰太陽暦では立春を年の初めと定めたので,立春の前日すなわち大寒の最後の日を特に節分 (太陽暦の2月3日か4日) として重視した。したがって節分は太陰暦の大晦日 (おおみそか) にあたり,その夜を年越しといって民間ではひいらぎ (柊) の枝にいわしの頭をつけて門戸にかざし,また日暮れに豆まきをして追儺 (ついな。厄払い) を行う習慣がある。

 

太陰太陽暦(月の満ち欠けのほかに,1年間の太陽の動きを考えにいれた暦)では、節分を境に年が変わるので、節分は元旦同様に、節目の日なんですね(^o^)

 

 

 

今日の絵本

今回は鬼が登場する絵本を、ご紹介いたします。

 

【まゆとおに】

富安 陽子 文

降矢 なな 絵

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

北のお山のてっぺんに、のっぽの やまんばと、やまんばの娘の まゆが住んでいました。

 

ある日、まゆは雑木林の奥で、大きな人に会いました。

 

まゆは、その人が鬼だと分かりませんでした。

 

鬼は、とてもお腹が空いていました。

 

鬼は、まゆを見ると大鍋で煮て、食べてやろうと思いました。

 

鬼は優しい声で、

「じょうちゃん、ちっと うちへ あそびにこないかね?」

と言いました。

 

まゆは、ぴょんぴょん飛び跳ねて付いていきました。

 

鬼の家に着くと、鬼は火を焚き始めました。

 

「どうして ひを たくの?」

まゆが聞くと、

「きょうは、ちっと、さむいんでな」

と鬼は答えます。

 

まゆは鬼の手伝いをします。

 

まゆは火にくべる薪を集めようと、太い松の木を一本、根っこから引き抜きました。

 

次は、火を囲む石ころを集めます。

 

まゆは、岩山を力一杯、蹴飛ばし、崩れ落ちた大きな岩を三つ、軽々と抱えました。

f:id:shihomaru:20180108165835j:image

 

鬼は、たっぷりの水を入れた大鍋を火にかけました。

 

「どうして、おゆを わかすの?」

まゆが尋ねると、

「さむい ひには あつい ふろに かぎるからさ」

と鬼は、お腹を、ぐうぐう鳴らしながら答えます。

 

鍋の湯が段々、温まり、ついに ぐらぐらと沸き返りました。

 

「さあ、もう いいぞ、じょうちゃん。あつい おふろに おはいり」

鬼は、にやりと笑って言いました。

 

 

さあ、大変!!

まゆは、この後、どうなってしまうのでしょうか…

 

 

 

おだっちの感想

『やまんば』と聞くと、何だか怖いイメージがありますが、この絵本に出てくる やまんばは、とても優しく、娘の まゆも、とっても可愛いです(*^^*)

 

鬼が、まゆを食べようと準備をしている時の、まゆの行動を見た時の、驚いた鬼の姿が本当に面白い!

 

まゆも、まさか鬼が自分を食べようとしているなんて思ってもなかっただろうし、鬼も、まさか こんな結果になるなんて思ってもなかったでしょう。

 

まゆの側で、心配そうに見ているキツネの表情も、ぜひお子様と一緒に楽しんで下さい(*´ω`*)

 

とっても怖そうな鬼も、まゆの手にかかれば、あっという間に友達に。

 

やまんばと鬼のイメージが、がらりと変わる、楽しくて愉快なお話です!

 

 

シリーズの紹介

今回、ご紹介した『まゆとおに』の生みの親とも言えるお話があります。

 

こちらは児童書なので、小学中学年向けくらいのお話のようです。

(実は私も、まだ読んだことがなくて…)

 

7歳の娘は、まゆのシリーズが大好きなので、そろそろ読んであげても良いかなぁ~、と思っています。

 

ちなみに、やまんばのむすめ まゆのおはなしシリーズは、『まゆとおに』以外に、

  • まゆとりゅう
  • まゆとブカブカブー
  • まゆとうりんこ
  • まゆとかっぱ
  • まゆのおおきなケーキ

の絵本があります。

(書店や通販で販売されていないものもありますが、図書館なら全て借りることが出来ました!)

 

『やまんば山のモッコたち』の中に、これらのお話の原作とも言える内容が書かれているようなので、まゆファンの方は、ぜひ読んでみて下さいね(*^^*)

 

ちなみに、挿し絵を書かれている降矢 ななさんは、『めっきらもっきら どおんどん』の絵本も描かれています!

www.ehonlove.com

 

 

おしまい

長女の冬休みも終わり、今日から小学校がスタート!

長期の休み明けにもかかわらず、いきなり6時間授業…

冬休み中、楽しいことが沢山あった分、今日からまた勉学に励んでもらいたいと思います(^-^)

 

次女は、もうすぐ2歳になるので今年はサークルに参加予定!

お友達も出来ると良いな(*^^*)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ