おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

長女、ついに髪を切る!!短くなって、サッパリした娘が言った言葉とは…?

「10月になったら髪を切る!」

と言っていた、我が家の7歳の長女。

www.ehonlove.com

 

10月になって、いざ切ろうと思ったら美容院の予約が取れなかったり、習い事や小学校との時間調整が合わず、結局、その後もダラダラと伸ばし続けていました(^_^;)

 

髪の毛の量が多い上、長くてドライヤーで、なかなか乾かず、しかも髪の毛が物凄く、もつれて長女の髪をとかす度に、

「痛い!痛い!」

と連発(>_<)

 

そんな長女が、やっと昨日、髪を切りに行くことが出来ました!

 

【目次】

 

 

長女髪を切る

まずは、長女の髪の毛が、どれくらい伸びていたのか。


f:id:shihomaru:20171228075230j:image

 結構、伸びていますね~(*_*)

 

後姿は、こんな感じです。
f:id:shihomaru:20171228075238j:image

 

髪の毛が、思いっきり、もつれていますね(^_^;)

 

普段は、だいたい一つ結びにしています。

 

女の子なので色々とアレンジしてあげると可愛いんだと思いますが、私は三つ編みくらいしか出来なくて

 

長女に、

「どれくらい切るの?」

と聞くと、

「肩くらいまで」

と言いました。

 

そして、いよいよ美容院へ。

 

美容師さんが、長女の髪の毛にハサミを入れます。

「ジョキ、ジョキ、ジョキ」

 

うわぁ~、床が凄いことに( ; ゜Д゜)

 

これだけ長いと、美容師さんも切り甲斐があるだろうなぁ。

 

それでは長女の変身ぶりをご覧下さい。

 

ジャジャーン


f:id:shihomaru:20171228075307j:image

うわー、さっぱり‼

 

思い切って切ったなぁ~(*≧∀≦*)

 

20cmくらいは切ったかな。

 

頭が軽くなったね~。

 

後ろも、こんな感じです。
f:id:shihomaru:20171228075315j:image

 

うんうん、短くなったなった。

 

髪の毛の量も減らしてくれたし、これでドライヤーで乾きやすくなって、髪のもつれも軽減できました!

 

長女が髪を切ったのは2年ぶりくらいかな?

 

本人も大満足の様子でした。

 

「ブルゾンちえ○みたい」

と自分で笑っていました(^_^;)

 

 

 

次女、散髪に初挑戦

1歳8ヵ月の次女は、生まれてから、まだ一度も髪を切っていません

 

生まれた時から髪の毛が結構生えていたし、普段は結んでいます。

 

でも時々、結んでいるゴムを自分で取ってしまいます(-_-;)

 

ゴムを取ると、こんな感じです。
f:id:shihomaru:20171228075403j:image

 

横から見ると、こんな感じ。
f:id:shihomaru:20171228075351j:image

 

次女も結構、伸びていますねぇ。

 

次女の場合は、髪の毛も細く、まだ量も少なめなのでドライヤーでも、少ししたら乾くので、まだマシですが…。

 

前髪を垂らしたら、大変なことになります‼
f:id:shihomaru:20171228075424j:image

 

キャー、出たー!おばけ~⁉

 

これでは、さすがに次女も可哀そう(T_T)

 

ということで、次女も一緒に美容院で切ってもらうことにしましたが…

 

何せ、初めての体験なもので(^_^;)

 

最初に長女が切ってる姿を見せて、何となく雰囲気がつかめたかな?

 

しかし、私の膝の上に座らせ、いざ首からシートを巻こうとしたら…

 

「いやー‼」

 

暴れる暴れる( ; ゜Д゜)

 

おもちゃを持たせてみてもダメ。

美容師さんがシートに付いている動物を指さして、話しかけてもダメ。

髪の毛が長いと、目に入って痛いよ、と説得してもダメ。

 

強行突破にするのは、私も嫌だったし、ハサミで怪我をしてはいけないので、今回は髪を切ることを断念しました。

 

長女が初めて髪を切ったのは、次女と同じくらいの年齢だったと思うんだけどなぁ…

 

その子、その子で性格も違うし、もう少し様子を見て大丈夫そうだったら改めて、挑戦しようと思います。

 

その時には、『赤ちゃん筆』を作るぞ!

 

 

今日の絵本

今回は、散髪にちなんだお話をご紹介いたします。

 

【バルバルさん】

乾 栄里子 文

西村 敏雄 絵

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

バルバルさんは、町の外れにある小さな床屋さんで働いています。

 

毎日、沢山の人がやってきます。


f:id:shihomaru:20171228074613j:image

 

ある朝、バルバルさんが開店準備をしていると…

 

何と、ライオンがやって来ました!


f:id:shihomaru:20171228074628j:image

 

バルバルさんは、とても驚きましたが、たてがみが、すっかりからまって困っているライオンを見ると、散髪台に案内し、丁寧に たてがみを切り始めました。

 

チョキチョキチョキチョキ

 

「さあ できましたよ」

 

ライオンは喜んで満足そうに帰っていきました。

 

次に、ワニがお店にやって来ました。

 

バルバルさんは、おやおや またかと思いましたが、ワニを散髪台に案内しました。

 

「きょうは いかがいたしましょう」

 

ワニは真面目な顔でバルバルさんに相談します。

 

「おれ、かみのけが ないんですけど けを はやす いい ほうほうは ないですか」

 

バルバルさんは、ちょっと考えて色々なカツラをワニに、かぶらせました。

 

ワニはお気に入りのカツラを見つけて、鼻歌を歌いながら帰っていきました。

 

その後も、次から次へと色んな動物たちがバルバルさんの床屋さんにやって来ます。

 

さぁ、一体なぜ、バルバルさんの床屋さんに、動物がやって来るようになったのでしょうか…?

 

 

おだっちの感想

色々な悩みを持ってバルバルさんの床屋さんにやって来る動物たち。

 

でも、帰る時には、みんな笑顔になっています。

 

一匹一匹に対する、バルバルさんの優しさが、とても伝わるお話です。

 

長女はワニが好きで、私はヒツジが可愛くて笑えました(*^^*)

 

こんな床屋さんがあれば、次女も嫌がらず、楽しく髪を切れるのになぁ~。

 

 

おしまい

実は私も髪を伸ばしています。

 

次女が生まれる、ちょっと前に切ったきりです(-_-;)

 

小さい子供がいると、なかなか美容院にも行けませんよね…

 

私もバッサリ切りたい(*≧∀≦*)

 

髪を切ると、イメチェンはもちろん、気持ちも何だか前向きになれるような気がします。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ