おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

2018年は、どんな年に?!~戌年にちなんだ動物が登場する絵本~

今年も一年が終わりに近付いていますね。

 

みなさん、2017年は、どんな年でしたか?

 

【目次】

 

我が家の2017年

自己紹介も兼ねて、我が家の家族の一年間をご紹介いたします!

 

長女編

我が家の長女は、幼稚園を卒園し、小学校に入学した年でした。

 

涙の卒園式、ドキドキの小学校の入学式。

 

長女にとって、この一年間は、とても成長した年だったのではないでしょうか。

 

小学校で、お友達が出来るかな。

ちゃんと一人で学校に行けるかな。

勉強についていけるかな。

 

入学当初は、本当に色々な不安がありましたが、そんな不安も今では全く感じません。

 

子供って、本当に強いですよね(*≧∀≦*)

 

 

次女編

次女にとっては、この一年、どうだったかなぁ。

 

ハイハイ、伝い歩きから、一人で歩けるようになって、卒乳、離乳食が始まり、言葉も少しずつ出てきました。

 

小さい頃の一年って、本当に目まぐるしい成長です!

 

おじいちゃん・おばあちゃんを見ると人見知りが激しかった次女も、今では、すっかり、

「じーちゃ、ばーちゃ」

と大好きです。

 

相変わらず気性は激しいですが、自分の意見や考えを回りに伝えようとしているので、何が言いたいのか、だいたいは理解出来るようになりました。

 

 

 

おだっち編

長女が小学生になり、くじ引きで小学校の役員になってしまった一年。

 

まだ仕事は、もう少しあるけれど、分からないなりに一生懸命、突っ走ってきました(*_*)

 

子育てに追われる毎日ですが、子供達に読み聞かせてきた沢山の素晴らしい絵本を、

もっと多くの方に読んでもらいたい!

絵本の読み聞かせの素晴らしさを伝えたい!

という思いから始めた、このブログ

 

嬉しいことに、本当に沢山の方に読んでいただき、感激です(*≧∀≦*)

 

本当にありがとうございます!

 

「参考になりました」

「探して読んでみます」

など、沢山のコメントも頂き、私のようなブログでも少しでも世間の役に立っているんだ~、と思うと本当に感謝で一杯です!!

 

毎日の更新が目標ですが、なかなか目標が達成できず(-_-;)

 

でも、自分のペースで今後も出来る限り、沢山の絵本を皆様にご紹介していきたいと思いますので、今後も末長くお付き合いいただけたら、とても嬉しいです!

 

 

主人編

どうも悪玉コレステロールの値が高いんです…

 

早食い、大食い、運動不足が一番の原因だと思いますが(-_-;)

 

食事の時には、20回噛んで食べる習慣をつけてもらいたいのですが、なかなか…。

三日坊主です。

 

食後は、少し歩くようにしていますが、寒いと出るのが億劫みたいで(^_^;)

 

もうすぐ会社の健康診断があるので、食事には気を付けていますが、やっぱり食べる物を制限されると、かえってストレスになりますよね。

 

一家の大黒柱なので、健康には十分気を付けてもらいたいです。

 

 

今日の絵本

2018年の干支は、『戌(いぬ)』ですね。

 

今回は干支にちなんで、イヌ科のキツネとタヌキのお話をご紹介いたします。

 

【おかえし】

村山 桂子 さく

織茂 恭子 え

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

ある日、たぬきの家の隣へ、きつねが引っ越してきました。

 

「こんど、となりへ こしてきた きつねです。どうぞ よろしく おねがいします。これは、ほんの つまらないものですが…」

と、いちごを持って、たぬきの奥さんのところへ挨拶にきました。

 

「これは これは、ごていねいに…」

たぬきの奥さんは、喜んで受け取りました。

 

「それじゃ、わたしも、なにか おかえししなくちゃ…」

たぬきの奥さんは、堀りたてのタケノコを持って、きつねの奥さんのところへ行きました。

 

「さきほどは、けっこうなものを ありがとうございました。これは、いただいた いちごの おかえしです」

 

きつねの奥さんも、喜んでタケノコを受け取りました。

 

しばらくすると、また きつねの奥さんが花瓶に生けた花を持ってやってきました。

 

「これは、おかえしの おかえしです」


f:id:shihomaru:20171225143720j:image

 

「それじゃ、また、なにか おかえししなくちゃ…」

たぬきの奥さんは考えました。

 

絵と壺を持って、きつねの家へ行きました。

「これは、おかえしの おかえしの おかえしです」

 

その後も、色々とお返しは続いて…

 

 

 

おだっちの感想

何かを頂いたら、お返しをしないといけない、という心境が凄く伝わる絵本です。

 

きつねと、たぬきの お互いの家の中にある物を次々と、お返しに持っていく所が、

「そこまでするの?!」

と笑えます(*≧∀≦*)

 

自分の家の中にあるものが、お返しに頂いたものだらけになってしまって、もう、お返しをするものが無くなってしまった、きつねと たぬきの最後に取った手段が、ビックリ!!

 

でも、やっと平和な夜が過ごせて本当に良かったね(*´ω`*)


子供に読み聞かせる時に、

「おかえしの おかえしの おかえしの…」

と、何回『おかえし』と言ったか、途中で分からなくなって時々、回数を ごまかして読むこともあります(笑)

 

絵本の中に出てくる、掛け時計の時間がページをめくるごとに変わっていくので、子供と一緒に、

「今、何時かな?」

「何分経ったかな?」

などと、話合うのも時計の勉強になって面白いですよ(^-^)v

 

おしまい

戌年といえば、私の亡き父がそうです。

生きていれば72歳かぁ~。

まだまだ若いですよね(^_^;)

 

皆さんのお家では犬を飼われていますか?

 

以前、私が飼っていたシベリアンハスキーの『華ちゃん』について、ご紹介したことがありました。

www.ehonlove.com

 

動物って本当に家族の一員ですよね(*^^*)

 

とっても可愛いし、癒される!

 

 

2018年は、一体どんな年になるのかな~。

 

楽しみですね(*´ω`*)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ