おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

【創造力が膨らむ絵本】絵本の読み聞かせは、何歳まで?

最近、バタバタとしていて、なかなかブログを更新することが出来ませんでしたm(_ _)m

さすが師走

 

年末にかけて、何かと忙しくて…(^_^;)

 

毎年、感じますが一年って本当に早いな~

 

去年の今頃って、何をしていたかなぁ?

 

みなさんは覚えていますか?

 

 

今日の絵本

【おおきな きが ほしい】

さとう さとる 文

むらかみ つとむ 絵

偕成社 発行

 

あらすじ

かおるは家の窓から顔を出して思いました。

 

庭に、大きな木があるといいなぁ…

 

かおるが思う大きな木とは、その辺にあるような普通の木ではありません。

 

一体、どんな木なのでしょうか。

 

それは、お父さんと、お母さんと、妹の かよちゃんと4人で手をつないで、やっと抱えられるような太い木。

 

木に登るために、はしごが かかっています。

 

はしごを少し上ると、木の幹に、ぽっかり洞穴が空いています。

 

洞穴の中にも、はしごが かかっていて、その はしごを、せっせと上ると…

 

小さな可愛い部屋の中に続いていました。

 

その部屋には台所があり、水も出るし、コンロも置いてあります。

ホットケーキを焼いて、もしも焦げたらいけないので煙突も、ちゃんと付いています。

 

3歳の かよちゃんが部屋に来れるように、ブランコのような吊りかごもあります。


f:id:shihomaru:20171224212305j:image

 

はしごを登りつめると、手すりの付いた見晴らし台があって、そこから遠く見ると自動車が、カブトムシのように小さく見えます。

 

「わーい。」

 

大きな木のことを考えると、かおるはワクワクしました。

 

春・夏・秋・冬。

 

かおるの大きな木の部屋から見る景色は、何とも言えないほど素敵です。

 

「そんな おおきな木があると いいな。」

 

かおるが、お父さんに大きな木の話をすると、お父さんはニコニコしています。

 

そして、次の日曜日。

 

お父さんと一緒に、かおるは庭に、『まてばしい』という、とても大きくなる木を植えました。

 

 

 

おだっちの感想

私は小さい頃、実家の屋根に登って空を眺めるのが大好きでした(*´ω`*)

(危ないからと母には、いつも怒られていましたが…)

 

高いところから見る景色って、本当に素敵ですよね。

 

以前は、マンションの10階に住んでいましたが、ベランダから見る景色は格別でした(*≧∀≦*)

(ベランダから下を見ると、吸い込まれそうで、とても怖かったですが)

 

この『おおきな きが ほしい』の絵本を読んだ時、かおるの考えに凄く共感を覚えました。

 

とても夢があって、本当に、こんな木があったら素敵だろうな~(*^^*)

 

想像力が膨らみます

 

長女に初めて読み聞かせたのは3歳の頃でしたが、お話が少し長くても最後まで聞き入っていました。

 

絵本の向きを変えて、より高さを表現しています。

 

木登りが大好きな娘には、ピッタリの絵本だと思いました(^-^)v

 

今まで娘には、何度も何度も読み聞かせましたが、

「私だったら、こうするな」

と、かおると同じように木の絵を描いて見せてくれたこともありました。

 

とても想像力が膨らむ、ロングセラーの素晴らしい絵本です。

 

 

おしまい

娘も冬休みに入りました。

 

冬休みの宿題には、毎日の音読に加え、学校図書で借りた絵本の簡単な感想文もあります。

 

小学生になり、一人で絵本を読む機会も増えましたが、自分で読んでも、

「母さん、これ読んで」

と絵本を持ってきます。

 

やはり自分で読むのと、読んでもらうのとは違うんでしょうね(#^.^#)

 

いつまで絵本を読んで、と言うのかは分かりませんが、私は娘が読んでと言う限りは、何歳になっても読み聞かせてあげようと思います。

 

絵本の読み聞かせは、親子のコミュニケーションにもつながるし、子供と一緒に過ごす時間って本当に大切ですよね。

 

普段は子供と、ゆっくり過ごす時間がない方も、ほんの少し お子様と向き合ってみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

絵本は、そんな親子の絆を深めてくれる、大事な役割もしているんですね。

 

 

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

しばらく更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

 

出来る限り更新していきたいと思いますので、これからも よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ