おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

大人も知らない?!『キャベツ』の秘密が、これ一冊で丸ごと分かる絵本を発見!

娘たちと散歩をしていたら、畑に成っている野菜を見つけました(*^^*)

 

寒くても、野菜たちは、とても たくましく青々と成長しています。

 

今の時期、どんな野菜が収穫できるか、みなさんはご存知ですか?

 

【目次】

 

冬の畑で発見

段々と冬の寒さが厳しくなってきましたが、お天気の良い日には、やっぱりお散歩に出かけたいものです。

 

我が家は7歳と1歳の姉妹がいます。

 

二人とも外遊びが大好きなので、寒くても公園へ出かけています。

(私は大の寒がりなので、本当は家の中にいたいのですが…)

 

公園に行く途中、近所の方が管理されている畑があります。

 

公園に行く時は、いつも畑の前で足を止めて、子供たちと野菜の話をします。

 

「これ、何の野菜か分かる?」

 

普段、スーパーなどで売られている野菜でも、実際に畑に成っている野菜を見ると、ピンとこない野菜もあるようですね(^_^;)

 

こういう時、実物を見るって本当に大切なことだな~、と実感します。

 

冬の時期って、寒いから植物も あまり生えていないイメージがありますが、畑には元気に野菜たちが成長していました!

 

大根、ニンジン、キャベツ、白菜、ほうれん草、ブロッコリー…

 

植物の生命力には本当に驚かされますね~(*≧∀≦*)

 

寒さに耐え、栄養を ぎっしりため込んだ冬の野菜たち。

 

鍋物料理が恋しい季節。

 

沢山、野菜を食べて風邪など引かずに元気に冬を乗り越えたいですね!

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

今日の絵本

野菜のことが、小さい子供たちにも分かりやすく描かれている、『どーんと やさい』シリーズ。

 

以前は、大根の絵本をご紹介させていただきました⬇

www.ehonlove.com

 

今回は、キャベツの絵本をご紹介いたします。

 

【きゃっきゃキャベツ】

いわさ ゆうこ 作

童心社 発行

 

 

あらすじ

キャベツが、丸ごと一つ。

 

キャベツの皮を一枚、一枚むいてみましょう。

 

さあ、今から始まるよ。

 

きゃっきゃ キャベツの むきむきショー!

 

一番外側は、濃い緑色の ばさばさの葉っぱ。


f:id:shihomaru:20171211075212j:image

 

二枚、三枚、四枚、五枚…

 

どんどん、むいていくと、段々、色が薄くなっていきます。

 

小さく、小さくなっていって…

 

どこまで むけるのかな?


f:id:shihomaru:20171211075227j:image

 

キャベツは、一枚一枚、葉っぱが巻いて出来ているんだね!

 

他にも、どんなキャベツがあるのかなぁ?

 

ちびっこキャベツが おしくらまんじゅう、可愛い 芽キャベツ

 

変わったキャベツ プチベール

 

どっきり 鮮やか 紫キャベツ

 

栄養満点!苦い青汁 ケール

 

色んなキャベツがあるんだね。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

おだっちの感想

キャベツの むきむきショーで、一枚一枚、葉っぱを むいていくページでは、一体、何枚くらい むけたのか、娘が絵本を見ながら数えていました(笑)

 

キャベツと言っても、色々と種類があるんですね。

 

『芽キャベツ』は以前、近所の畑で、娘が芽キャベツをジーっと見ていたら、畑を管理されている おばあちゃんが、

「これは、芽キャベツだよ。食べてみる?」

と言って何個かくれました。

私も今まで芽キャベツを食べたことがなかったし、芽キャベツが畑に成っているのも見たことがありませんでした。

 

『ケール』もキャベツの仲間なんですね!

青汁に入っていて、苦いけれど栄養が満点、というくらいしか知りませんでした。

ケールは、丸く丸まらないんですね~(*_*)

 

『葉ボタン』もキャベツの仲間!

お正月の時期に、華やかに飾ってくれますよね。

お花のようだけど、実は葉っぱなんですね。

 

キャベツは、お好み焼き、ロールキャベツ、サラダ…

 

色んな料理に大活躍!

 

甘くて、シャキシャキしていて、とっても美味しいですよね(^-^)v

 

この絵本を読むと、今まで知らなかったキャベツの秘密が、沢山学べますよ。

 

おしまい

この絵本によると、もともとキャベツはヨーロッパ大陸に生えていた野の草だったようです。

 

それを、どんどん改良、栽培して、今のように甘く柔らかいキャベツになった。

 

人類の技術って、本当に素晴らしい!

 

 

私は買い物に行く時には、必ずキャベツを買います!

 

キャベツの値段が高い時には半分、お買い得の時には1玉を。

 

1玉買っても、すぐにペロッと食べられるキャベツ。

 

キャベツには病気から体を守る、ビタミンCやカルシウム、食物繊維などが、たっぷり含まれています!

 

毎日、食べている野菜が、どんな風に作られ、大きくなっていくのか…

 

野菜が作られる過程を知ると、もっと野菜が美味しく感じられますね。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ