おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

小学生の子供が選ぶ、絵本の傾向が分かってきた。読み聞かせるのは、何歳まで?

小学1年生の長女は、学校で月2回、『貸出し図書』というのがあり、学校内の図書室に行って、自分の好きな絵本を借りて帰ります。

 

【目次】

 

 

選ぶ絵本の傾向

今までに長女が借りて帰った絵本を見ると、長女の選ぶ絵本の傾向が、何となく分かってきました。

 

  • 絵が可愛い、綺麗な絵本
  • 話が面白い絵本
  • 好きな作者の絵本

です。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

絵が可愛い、綺麗な絵本

長女が、

「この人の絵本、絵が可愛いから好き!」

と言った作者は…

 

とりごえ まり』さんです。

 

とりごえさんの絵本については、以前、こちらのブログで紹介させていただきました。

www.ehonlove.com

 

とりごえさんの絵本は、私も大好きで絵が、とても可愛くて、お話も優しいですよ(*´ω`*)

 

 

話が面白い絵本

回りのお友達が、

「この絵本、面白いよ!」

と言って、薦めてくれた絵本だそうです。

 

それが、こちらの絵本。

 

確かに、面白い(*≧∀≦*)

 

色んなトイレが出てきて、

「母さんは、どのトイレがいい?私は、このトイレがいいかな。」

 

子供たちに読み聞かせながら、私も一緒に楽しんでいます。

 

他にも、こちらの絵本も読んだことがあります。

 

次は、こちらの絵本が読みたい、と言っていました。

 

シリーズを全て読んでみたいほど、面白い絵本です。

 

 

好きな作者の絵本

長女が小さい頃から、絵本の読み聞かせをしていた中で、色々な作者の方の絵本を読んできましたが、その中でも絵が、とても細かく、勉強になる作者の方がいます。

 

それは、『かこ さとし』さんです。

 

かこさんの絵本については、以前もブログで紹介したことがあります。

www.ehonlove.com

 

かこさんの絵本は、大人が読んでも、とても   ためになります!

 

 

今日の絵本

今回、ご紹介する絵本も長女が小学校で借りてきた絵本です。

 

【102ひきのねずみ】

はせがわ かこ 作・絵

金の星社

 

 

あらすじ

のねずみチューチュさんの家は、大きな木の根元にあります。

 

父さんねずみの、トト・チューチュ、母さんねずみの、カカ・チューチュには、何と…!

 

100匹の子供がいます。

 

父さんねずみと母さんねずみは、朝から大忙し。

 

ジャムを作るために今日は、みんなで おばあさんの畑にイチゴを摘みに行きます。

 

父さんねずみと母さんねずみは、とても心配です。

 

子ねずみ達は、まだ家から一度も出たことがないし、畑に行く途中には猫のカブが、うろうろしています。

 

迷子にならないように、みんなで手をつなぐこと。

猫のカブに見つからないように気を付けること。

 

しかし、子ねずみ達は、猫というものを知りません。

 

これは、猫?!

f:id:shihomaru:20171209144936j:image

 

花壇を曲がると…

猫のカブが、お昼寝をしていました。

 

さぁ、大変!!

 

102匹のねずみ達は、無事、イチゴを摘んで帰ることが出来るのでしょうか?

 

 

おだっちの感想

お父さんねずみと、お母さんねずみが100匹の子供たち、全てに目が行き届いているのが本当に凄い(*≧∀≦*)

 

1匹1匹の名前も、あいうえお順で女の子は全て『ピ』、男の子は全て『ピピ』がついているところも面白いです。

 

長女が100匹の子供たちの中で、一番好きなのが『モピ』です。

(緑色の水玉模様の服が、可愛いみたいで)

 

もちろん、絵本の中の話ですが、100匹も子供がいたら、本当に賑やかで楽しいでしょうね~(*´ω`*)

 

お父さん・お母さんは休む暇もないほど、大変でしょうけど。

 

この絵本は、絵が可愛い・綺麗という観点で、長女は選んだのかな。

 

以前までは、私が色々と絵本を選んで読み聞かせていましたが、今では自分で読みたい絵本を選んでいるので、成長したなぁ~、と感じます(*^^*)

 

100匹の子供たちと、お父さん・お母さんが繰り広げるお話、ぜひ読んでみて下さいね。

 

 おしまい

小さい頃から絵本の読み聞かせをしていたおかげで、ありがたいことに、長女は絵本が大好きな子供に育っているようです。

 

長女は字も読め、一人で絵本を読んでいますが、

「母さん、これ読んで」

と、絵本を持ってくるので時間がある時や、寝る前に読み聞かせています。

 

小学生になっても、

「読んで」

と子供が言う時は、

「自分で読めるでしょ!」

などと言わずに、読み聞かせてあげると良いと思います(*^^*)

 

絵本の読み聞かせは、親子のコミュニケーションにもなる、とても大切な時間ではないでしょうか?

 

絵本の読み聞かせを通じて、ぜひ、お子様と沢山、お話をしてみて下さいね(*´ω`*)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ