おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

子供と一緒に楽しく手作りが出来る、簡単で美味しい我が家の おやつ。~長女、好きな作者の絵本に出会う~

「今日の おやつ、何が食べたい?」

 

「あっ、あれが食べたい!!」

 

今回は、我が家で大人気の、おやつをご紹介いたします!

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

【目次】

 

 

子供と簡単に作れる おやつ

みなさんのお宅では、おやつって手作りされますか?

 

我が家では時々、時間と材料があれば手作りしています(*^^*)

 

子供と一緒に、楽しく作れて、美味しいものが良いですよね!

 

今回は、手作りのおやつの中でも、家族に大人気のおやつをご紹介いたします(^o^)

 

それは…

 

屋台でも売っている『ベビーカステラ』風のお菓子です。

 

 

ベビーカステラ風

ベビーカステラって、ご存知ですか?

 

そうそう、動物の形をしたものもあったりして、外はカリッ、中はフワッと柔らかい、カステラ風の、あの、お菓子です!!

 

屋台の前を通ると、甘い香りがしてきて、思わず食べたくなります(*^^*)

 

焼きたての、フワフワが凄く美味しいですよね!

 

そのベビーカステラ風のお菓子を、我が家では、たこ焼き器を使って作ります。

 

たこ焼き器を使った、ベビーカステラ風のお菓子のレシピも、色々ありますよね。

 

ご参考までに…

cookpad.com

 

しかし、我が家では、ごくシンプルに。

でも、バラエティ豊かに、をモットーに?

 

ホットケーキを焼く時と、同じ要領の生地(じゃっかん、牛乳を多目に)に、ココアや抹茶、紅茶の葉っぱ、レーズン、チョコなどを入れて焼きます(*´ω`*)

 

焼いている風景を写真に撮っておけば分かりやすかったのですが、今日も撮れませんでした…

 

理由は

  • 焼くのが忙しかった
  • 1歳の次女が、たこ焼き器を触らないように気を付けていた

からです。

 

文字だけでは上手く伝わりにくくて、本当にすみません(>_<)

 

イメージ的には、こんな感じです⬇

f:id:shihomaru:20171127022857j:image

(写真を引用させていただきました)

 

一口サイズで、パクッと食べられて、簡単で美味しいので、次々と食べてしまいます(^_^;)

 

ホットケーキと同じ生地を使っても、また違った感じで、とっても美味しいですよ!

 

長女も、クルックルッとひっくり返して、凄く楽しそうでした(#^.^#)

 

丸く綺麗な形が出来た時は、とっても嬉しいですよ~。

 

みなさんも、ぜひ作ってみて下さいね(*^^*)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

今日の絵本

おやつの話にちなんで、こちらの絵本をご紹介いたします。

 

【もりの おやつやさん】

 

とりごえ まり 作

学習研究社 発行

 

あらすじ

ハルちゃんと、こねこのチュチュは、森でお花をつんでいました。

 

すると、ミツバチたちが、

「おやつ おやつ、おやつの じかん♪」

と歌いながら、花の蜜を集めて飛んでいきました。

 

今度は、ネズミたちが、

「おやつ おやつ、おやつを つくろう♪」

と歌いながら、たくさんのイチゴを運んでいました。

 
f:id:shihomaru:20171127003835j:image

 

次は、ウサギたちが、

「おやつ おやつ、みんなで おやつ♪」

と歌いながら、ニンジンを持って踊りながら歩いていました。

 

みんな同じ方へ向かっています。

 

ハルちゃんとチュチュは、

「おやつ おやつ、なんだろう♪」

と、小さな声で歌いながら、みんなに付いていきました。

 

すると…

 

広場では色んな動物たちが、木の実や果物を持って集まっていました。

 

看板には、『もりの おやつやさん』と書かれています。

 

クマのコックさんは、みんなが集めてきた材料を見て、メニューを決めました。

 

さて、一体、何が出来るのでしょうか?

 

 

おだっちの感想

この絵本、実は7歳の長女が、凄く大好きな絵本なんです!

 

「絵が凄く可愛いし、お話も凄く良い!」

と言っています。

何度も、何度も読み聞かせるうちに、私も大好きになりました。

 

失敗を無駄にせず、発想の転換を行うことで、素晴らしい結果となる。

 

『終わり良ければ、全てよし』

といったところでしょうか。

 

動物たちが、本当に楽しく、美味しそうに食べている姿を見ると、とても優しい気持ちになれます。

 

ハルちゃんたちが作った、森の おやつ、私も食べてみたいなぁ~

 

 おしまい

長女に、この『もりの おやつやさん』を読み聞かせてから、長女は、とりごえ まりさんの大ファンになったようです(*´ω`*)

 

自分の好きな作者が見つかるって、素晴らしいことですよね!

 

今後の絵本選びにも、とっても役に立ちます(^-^)v

 

ちなみに、私が好きな作者は、林 明子さんです。

www.ehonlove.com

 

みなさんは、好きな本の作者っていますか?

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*≧∀≦*)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ