おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

『ぐりとぐら』の、あのクリスマスケーキが作れる!みんなに愛され続けるロングセラーのクリスマス絵本。

クリスマスに、みなさんのお家では、クリスマスケーキって食べますか?

 

我が家では、毎年食べています(*^^*)

 

昔はよく、手作りしていたけれど、ここ2,3年は買っていますが。

 

本当は手作りしたいけれど、小さい子供がいると、なかなか…(>_<)

 

でも、もう少し大きくなれば、一緒に作りたいなぁ~。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

【目次】

 

今日の絵本

クリスマスの絵本といえば…!

 

定番中の定番ともいえる、こちらの絵本。

 

【ぐりとぐらの おきゃくさま】

 

なかがわ りえこ 作

やまわき ゆりこ 絵

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

ぐりとぐらは、雪の積もった森で、おかしな穴を見つけました。

 

穴は、いくつもあって、森の方へ続いています。

 

「いったい、だれが つくったんだろう」

 

よく見ると、それは、長靴の跡のようです。

 

ぐりとぐらは、この大きな長靴の跡をつけていきました。

 

f:id:shihomaru:20171123164950j:image

 

森を抜け、原っぱを通り、林の入口にある一軒の家のドアの前で、足跡は消えていました。

 

なんと、そこは、ぐりとぐらの家だったのです!

 

ドアを開けて、中に入ってみると…

 

大きな長靴がありました。

 

f:id:shihomaru:20171123165343j:image

 

ぐりとぐらの家には、一体、誰がいるのでしょうか?

 

そして、その人は何をしていたのでしょうか…

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

おだっちの感想

ぐりとぐらが長靴の跡をつけてきた時に、

「なんだか みたことのある ばしょだね」

「おや おや。ここは、ぼくたちの うちじゃないか」

と言う、二匹の会話に思わず笑えます(*≧∀≦*)

 

ほんと、何てマイペースで、のんびり屋の二匹なんだろう~(笑)

 

食べることが大好きな二匹。

台所から良い匂いがしてきた時の、二匹の表情が、とっても幸せそうです(*´ω`*)

 

ぐりとぐらの家に集まる、大勢の友達。

二匹の人柄(ねずみ柄?)が、凄く分かります!

 

だから、みんな、ぐりとぐらが大好きなんですね(*^^*)

 

1歳の次女は、ライオンがピアノを引いている絵が、とても大好きで、いつも最後のページを開いては、ライオンを指さして教えてくれます。

 

 

ぐりとぐらのシリーズは、多くの人が知っているお話だけど、何度読んでも飽きない絵本ですよね!

 

だからこそ、長年、みんなに愛され続けているロングセラーなんですね(#^.^#)

 

 

おしまい

今回、ご紹介した『ぐりとぐらの おきゃくさま』の中に登場するクリスマスケーキを、忠実に再現したレシピ本があります。

 

それが、こちら。

 

クリスマスに、このケーキを焼いてあげると、

「あっ、ぐりとぐらのクリスマスケーキだ!」

って、子供の喜ぶ笑顔が、目に浮かぶようです(*´ω`*)

 

その他にも、

  • 『ぐりとぐら』に登場する大きなカステラや、『ぐりとぐらとくるりくら』の、にんじんキッシュなどのレシピ
  • 手袋の指の部分と、フェルトでつくる小さな、ぐりとぐら人形の作り方(型紙付き)
  • ぐりとぐらの折り紙の作り方
  • ぐりとぐらが森に出かける「もりのさんぽ」と、ゆきだるまをつくる「ゆきのひ」のペーパークラフトキットが二つ

など、盛り沢山な内容となっています。

 

お家で、あの大きくて、ふっくらとしたカステラが焼けますよ~(^-^)v

 

また、ペーパークラフトは、ミシン目が入っているキットなので、お子様でも簡単に作れます。

付属の動物や小物を使って、自由に劇遊びをしたり、インテリアとしても使えるので、お家で、ぐりとぐらの世界を再現できます(*^^*)

 

ぐりとぐらが大好きな方には、ぜひ、おすすめです!

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^o^)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ