おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

語彙が増えると、世界が拡がる!子供の可能性を最大限に引き出す方法とは?

みなさん、『しりとり』って、最近しましたか?

 

一人じゃ出来ない遊びだし、何だか古くさい?

 

いえいえ、『しりとり』は、とっても素晴らしい遊びです!

 

【目次】

 

 

しりとりのルール

「しりとりに、ルールなんてあるの?」

って感じですけど、一応ありますよね(^_^;)

 

一般的なルールとしては、

  • 『ん』が付いたら終わり
  • 一度、使った言葉を言ったらダメ

 

他にも、地域によって色々とルールが違ってくることもあると思います。

 

 

しりとりの楽しさ

しりとりって、もちろん一人では出来ませんが、二人以上いれば出来ますよね。

 

しかも、何もいらないし、どこでも出来る

 

例えば、

  • 車の中
  • 電車やバスなど、公共交通機関の中
  • 病院

 など、普段は何かをするのも、控えないといけないような場所でも。

 

もちろん、時と場合によりますけどね(-_-;)

 

  • 車の中だと、運転に集中できない
  • 大声を出したら迷惑
  • 回りに人がいたら、邪魔になる

など、最低限のことを守れば、時間の暇つぶしにもなります。

 

しりとりは頭を使うので、頭の体操になり、認知症予防にもなります!

 

スマホで、ゲームに夢中になり、全く回りが見えていないような人に比べると、しりとりって本当に素晴らしい!!

(一部の方に、ひんしゅくを買いそうですが…)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

語彙の習得

しりとりをするのも、やはり言葉を知らないと続きません。

 

しりとりは、別に勝ち負けを競うものではなく、楽しむものですが、語彙(ごい)を知っている方が断然、有利ですよね!

 

もちろん、相手が思い付かないような難しい末尾で終わるのも、一つの手ですが。

 

私が子供と、しりとりをしていると、

「そんな言葉、よく知ってるね!」

というような言葉を、時々、言います。

 

「何で知ってるの?」

と聞くと、

「絵本に出てきた」

と答えました。

 

これも、日頃、絵本の読み聞かせをしていた効果でしょうか。

 

絵本の読み聞かせは、語彙の習得にも大変、役立ちます(^-^)v

 

 

フラッシュカード

同世代の子供も、知らないような言葉を我が子が知っている。

 

それは、7歳の長女が幼稚園に入園前から、回りのお母さん方に、よく誉められていたことです。

 

知っている語彙の数が、娘のお友達に比べると、少し多く感じたのは、絵本の読み聞かせに加え、小さい頃からフラッシュカードをしていた、おかげかな、とも感じました。

 

 

『フラッシュカード』とは…?

大量のカードを、瞬時に見せることで、膨大な言葉を記憶し、右脳の活性につながる方法。

 

長女は、0歳の頃からフラッシュカードを行っていました。

ちなみに、次女は胎教から頑張りました!

 

小さい頃は、じーっと見ていましたが、ハイハイが出来るようになると、回りの物に興味を持ち始め、フラッシュカードの取り組みは、あまり出来ない時もありましたが、長女とのコミュニケーションや、遊びの一貫としてフラッシュカードを取り入れていました。

 

長女は2歳になった頃から、驚くほど喋れる言葉が増え、私が言うことも、きちんと理解出来ていました。

 

これが、インプット(知識を覚える)から、アウトプット(知識の応用)へと、上手く繋がった証拠です(^-^)v

 

カードを実際の物と見比べてみたり、身の回りのものを一つ一つ、名前を教えたり…

 

フラッシュカードは、毎日少しずつ、何度も何度も行いました。

 

その成果があったのか、長女は本当に沢山の言葉を知っており、しりとりをすると、私が負けてしまうほど、次から次へと言葉が出てきます(*≧∀≦*)

 

小さい頃から、コツコツ続けてきたおかげかな。

 

そして今は、1歳の次女がフラッシュカードを行っています。

 

長女が使っていたものを保管していたので、そのまま使えるので助かります(^-^)v

 

次女も毎日、日課のようにフラッシュカードを行っています。

 

「か、か」

とカードの方を指差して、自らカードを引っ張り出して私に、せがんでいます。

 

凄いっ( ; ゜Д゜)

 

小さい子供って、本当に何でも知りたがる、何にでも興味を覚えますよね!

 

そういうチャンスを逃さず、親が子供に、ちょっとした手助けをしてあげるだけで、子供は本当に驚くほどの力を発揮します

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

子供の可能性って、無限大

私も出来る限り、子供たちをサポートしてあげたいな、と思っています。

 

もし、私のブログを見て、少しでもフラッシュカードに興味を持たれた方がいらっしゃれば、その時が始め時です!

 

『思い立ったが吉日』

 

ぜひ、試してみてくださいね(*´ω`*)

 

ちなみに、私が長女や次女に取り組んできたフラッシュカードは、私が愛してやまない、『七田式』のフラッシュカード、『かな絵ちゃん』です!

 

かな絵ちゃんのカードには、実に様々な言葉(絵)が含まれています。

 

動物・鳥・虫・水中の生物・魚・植物・からだ・家族・職業・スポーツ・自然・野菜・果物・デザート・料理・飲み物・調味料

身につける物・遊び・色・形・文房具・乗り物・建物・道路・楽器・家の中・日用品・食器・電気製品・寝具

など…

 

普段、目にするような身の回りの物から、みんなが、あまり知らないようなものまで(笑)

 

かな絵ちゃんを使ってみて、子供たちの語彙の多さに、我が子でありながら本当に驚かされるばかりです。

 

私は、別に子供たちを

  • 頭の賢い子供に育てたい!
  • 頭の良い学校に通わせたい!

などと思ったことは、一度もありません。

 

ただ、親として子供たちに少しでも何か、手助けが出来たら良いな、と思いました。

 

そう思うのは、親なら誰でも、みんな同じだと思います(о´∀`о)

 

七田式の教材は、そんな、お子様の可能性を最大限に引き出してくれる教材が盛り沢山です!

 

だから、私は七田式が大好きなのです(笑)

 

七田式の教材は、今まで数多く使わせていただいていますが、そんな中でも、『かな絵ちゃん』のフラッシュカードは、語彙の習得においては、イチオシの教材です(^-^)v

 

もし、少しでも興味を持たれた方は、こちらを見てみてくださいね⬇

 

 

今日の絵本

今回は、しりとりに、ちなんだ、こちらの絵本をご紹介いたします。

 

【ぶたたぬききつねねこ】

馬場 のぼる 作

こぐま社 発行

 

 

あらすじ

『おひさま

まど

どあ

あほうどり』


f:id:shihomaru:20171114160636j:image

 

と、しりとりになっています。

 

小さいお子様でも、分かりやすく、身近なものが、たくさん出てきます。

 

しりとりの途中で、

『ぶた

たぬき

きつね

ねこ』

が出てきますよ。

 

そして、最後の言葉は… 


f:id:shihomaru:20171114160653j:image

 

 

おだっちの感想

アホウドリがリンゴをつついたら、中からゴリラが出てくる、といったように、一連のお話になっているので、しりとりでありながらも、まるでお話のような絵本です。

 

『こっく

くし

しちめんちょう』

の場面では、1歳の次女は、私が

「くし」

と言うと、髪の毛をとかす仕草をします(>_<)

お肉や野菜を刺す『くし』と、髪の毛をとかす『くし』が同じだね!と言いたいのか、それとも、串と櫛を同じものだと思っているのか…

 

日本の言葉には、

『橋』と『箸』

『柿』と『牡蠣』

のように、同じ言葉でもアクセントが違うことによって使い分けたりするものがありますよね。

 

また、アクセントも同じだけど、違う意味の『同音異義語』も沢山ありますよね。

 

例えば、

『白』と『城』

『蛸(たこ)』と『凧(たこ)』

『紙』と『髪』

など。

 

小さい子供には、その辺りの区別が、ちょっと難しいかもしれませんね(^_^;)

 

でも、色々と探してみると面白いかもしれません!

 

語彙を沢山知っていると、しりとりの幅も、ぐんと広がって、なかなか終わりませんよ(笑)

 

しりとりは、遊ぶ物がなくても、みんなで楽しめる、昔ながらの遊びですよね(*^^*)

 

 

おしまい

今回は、しりとりから始まり、子供の語彙について、ちょっと熱く語ってしまいました(笑)

 

でも、言葉を知っている、って本当に素晴らしいですよね!

 

一度覚えたことは、一生忘れない…

 

そんな『長期記憶』を、沢山増やしていけたら良いですよね(*´ω`*)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

普段の皆様の支えが、私が日々、こうしてブログを書き続けることが出来る、励みとなっています。

 

本当に、いつも応援していただき、ありがとうございます(*≧∀≦*)

 

そして、これからも、出来る限りブログを更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ