おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

クリスマスの雰囲気が、と~っても伝わる、楽しくて優しい気持ちになれる絵本です!

最近、1歳の次女が一人で開いて見たり、私に

「読んで~」

と言うように、よく持ってくる絵本があります。

 

クリスマスが、段々と近付いている、というのが分かるのかなぁ(^_^;)

 

たぶん、そうではないんだとは思いますが…

 

外出すると、色々な所でクリスマスツリーが飾られていたり、イルミネーションが光っているから、何となく察しているのでしょうか。

 

子供って、敏感ですからねぇ…

 

クリスマスのプレゼント、今年は何にしようかな(*´ω`*)

 

みなさんは、もう考えていますか?

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

【目次】

 

クリスマスプレゼント選び

我が家の7歳の長女は、3歳の頃から『シルバニアファミリー』が大好きで、誕生日とクリスマスには、毎年シルバニアファミリーをプレゼントしています。

 

長女がシルバニアファミリー好きなのは、こちらのブログで紹介しています⬇

www.ehonlove.com

 

だから、今年のクリスマスもシルバニアファミリーかなぁ~、と思っていたら…

 

「シルバニアファミリーは、もういい。これ以上、増えると置く場所が無くなるから。」

と言うのです( ; ゜Д゜)

 

確かに、増えすぎて全部が全部、遊べていないし、凄く小さくて1歳の次女が口に入れたらいけないので、一部は片付けている状態なのです…

 

シルバニアファミリーで欲しいものは、まだまだあるようなのですが(^_^;)

 

「じゃ、サンタさんには何をお願いするの?」

と聞くと、

「父さんと、母さんには内緒!!」

と言うのです!

 

もしかして、気付いてる?!

 

サンタさんが誰なのか…

 

以前、長女に何が欲しいか聞いた時には、

「母さんと話が出来る電話が欲しい

と言っていました(^_^;)

 

プレゼント、何がいいかなぁ~。

 

まだクリスマスまで時間があるし、また時間を置いて、様子を見ながら聞いてみようかな。

 

1歳の次女が今、大好きなのはドラえもんやアンパンマン、トトロなので、その辺りで選ぼうかなぁ~、と考えているところです。

 

みなさんのお宅では、クリスマスプレゼントを決める時って、どのようにされていますか?

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

今日の絵本

今回は、次女が最近、大好きで、

「読んで!読んで!」

と、せがんでくる、三冊がセットになったクリスマスのミニ絵本をご紹介いたします!

 

ミニサイズの絵本なので、幼い子供でも持ちやすいし、読みやすいですよ(^-^)v

 

小さい子供には、少しお話が長めかも?という感じですが、絵を見ているだけでも優しくて楽しくて、心が温かくなるようなお話が揃っています(^-^)

 

 

【クリスマスの三つの おくりもの】

林 明子 さく

福音館書店 発行

 

 

 ☆ふたつの いちご

 

☆あらすじ

お母さんが、クリスマスのケーキを作ってくれましたが、いちごが三つしか乗っていません。

 

子供たち三人分の、いちごはありますが、お父さんとお母さんの、いちごがないのです。

 

そこで、長女の かすみちゃんは、

「わたし、おとうさんと おかあさんの いちごを さがしてくる!」

と言って、出かけていきました。

 

前に、いちごが なっていた所に行ってみましたが、枯れた葉っぱがあるだけでした。

 

かすみちゃんが、森の中まで行ってみると…

 

何と!

うさぎが沢山の いちごを、かごに入れているではありませんか。

 

かすみちゃんに気が付くと、うさぎは逃げて行ってしまいました。

 

かすみちゃんが、うさぎの後を追いかけると…


f:id:shihomaru:20171108170802j:image

 

 

☆おだっちの感想

雪が積もって寒いクリスマスに、お父さんと、お母さんの いちごを探しに出かける、かすみちゃんの優しさが、とても素晴らしいです(*≧∀≦*)

 

うさきが持っていた、いちごが欲しくて羨ましくなったけれど、ハンカチを風呂敷、代わりに使えばいいと貸してあげる、かすみちゃん。

 

ほんと、何て良い子なんでしょう(*^^*)

 

いちごを家に持って帰った時の、みんなの喜んでいる顔が、たまりません!

 

世界で、たった一つだけの最高のクリスマスケーキですね。

 

 

 ☆☆サンタクロースと れいちゃん

 

☆☆あらすじ

クリスマスの夜、末っ子の れいちゃんは、サンタクロースが来るのを、ずっと ずっと待っていました。

 

とうとう、れいちゃんはサンタさんが来るのが、待ちきれなくなって、サンタさんを探しに外に出ていきました。

 

すると…

 

森からサンタクロースが出てきました。


f:id:shihomaru:20171108170816j:image

 

サンタさんを追いかけていくと、みんなに配るはずのプレゼントが、次から次へと落ちているのです。

 

何と、サンタクロースの持っていた袋に穴が開いていたのです!

 

さぁ、大変!!

 

サンタクロースは無事、みんなの元にプレゼントを届けることが出来るのでしょうか…?

 

 

☆☆おだっちの感想

「れいちゃん、こんな寒い夜に一人で、しかもパジャマ姿で外に出て大丈夫?!」

と思わず、ツッコミそうになりました(^_^;)

 

それだけ、れいちゃんはサンタさんが来るのが、待ち遠しかったんでしょうね~。

 

サンタさんも、れいちゃんを袋の中に一緒に入れてしまうなんて、相当、慌ててたんですね!

 

さすが、『あわてんぼうのサンタクロース』(笑)

 

でも、サンタさんに会えて良かったね、れいちゃん(*^^*)

 

羨ましいです。

 

 

☆☆☆ズボンのクリスマス

 

☆☆☆あらすじ

おじいちゃんと おばあちゃんの家の、クリスマスパーティーに出かける日。

 

もっくんは、サンタさんから貰ったプレゼントで遊ぶのに夢中で、ズボンも履かずに遊んでいました。

 

あきれた みんなは、もっくんを残して先に出かけてしまいました。

 

すると…

 

何と、ズボンが外に飛び出したのです!

 

ズボンも早くパーティーに行きたくて、待ちきれなかったようです。

 

もっくんは、慌ててズボンを追いかけます。

 

そして、そのまま、おじいちゃんと、おばあちゃんの家に着きました。


f:id:shihomaru:20171108170830j:image

 

 

☆☆☆おだっちの感想

とても楽しい絵本です(^o^)

 

ズボンは、パーティーに早く行きたくて、ウズウズしていたんでしょうね。

 

「よく きた、よく きた。」

「いい こだ、いい こだ。」

と、おじいちゃんと おばあちゃんが、もっくんに言うところを、私は、わざと

「よぉ~ きた、よぉ~きた。」

「えぇ~ こだ、えぇ~ こだ。」

と言い替えて娘たちに読み聞かせます。

 

それは、娘たちが、おじいちゃんと、おばあちゃんの家に行った時に、そう言われているからです。

 

どこのお家でも、孫は可愛いんでしょうね(*´ω`*)

 

ちなみに、この絵本の最後のページに、かすみちゃんと、れいちゃんが考えた楽譜と、歌詞が乗っています。

 

ぜひ、お子様と一緒に、歌ってみて下さいね(*^^*)

 

 

 

おしまい

例年、少しずつクリスマスの準備が早くなっているなぁ~、と感じます。

 

しかし、少しでも長くクリスマスツリーや、イルミネーションが見れるので私としては、嬉しいです(#^.^#)

 

でも、先日、あるお店で『しめ縄』を売っていました!

 

もう、お正月の準備?!

 

早いですねぇ~(*_*)

 

でも、御歳暮や、おせち料理なども、早めに予約すればお得な価格で購入できますよね。

 

 

 

何でも、早め早めがいいのかな。

 

今年も残り、1カ月半。

 

本当に一年って、アッという間だなぁ~、と感じます(-_-;)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ