おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

累計部数100万部を越える、超ロングセラーの絵本!国語の教科書にも載っています。

先日の三連休に家族で、どんぐり拾いをしました!

 

大きいものから、小さいものまで本当に色々な種類の、どんぐりを見つけました。

 

1歳の次女は、まるで『となりのトトロ』のメイのように夢中で、どんぐりを拾っていました(^-^)v

f:id:shihomaru:20171107004359j:image

 

【目次】

 

どんぐりの種類

 『どんぐり』といっても、形や色、大きさも違いますが、みなさんは、どれが、どのどんぐりの実だか、ご存知ですか?

f:id:shihomaru:20171107023406j:image

 

私は正直、分かりません(^_^;)

 

何となく知っているのは、

  • かしの実
  • しいの実
  • くぬぎの実

くらいかなぁ…

 

分からないので、ちょっと調べてみました。

 

こちらのサイトで、色んな種類のどんぐりが紹介されています。

 

どんぐりの種類

 

どんぐりの実って、こんなに種類があるんだ!!

かしわの木にも、どんぐりの実が成るなんて、知らなかったなぁ~(>_<)

 

 

今日の絵本

どんぐりつながりで、今日は、こちらの絵本をご紹介いたします。

 

【どうぞのいす】

作/香山 美子

絵/柿本 幸造

ひさかたチャイルド 発行

 

 

あらすじ

うさぎさんが、小さなイスを作りました。

短い、しっぽも付いています。

 

「さて、この いす、どこへ おこうかな。」

 

うさぎさんは、良い考えが浮かび、大きな木の根元にイスを置き、『どうぞのいす』と書いた立て札を作って立てました。

 

初めに、ろばさんがやってきて、

「おや、なんて しんせつな いすだろう」

と、どんぐりを山盛りに入れた、かごをイスに置いて、木の下でお昼寝を始めました。

ろばさんは、どんぐり拾いで、とても疲れていたのです。

 

そこへ、くまさんがやってきました。

f:id:shihomaru:20171106171326j:image

 

イスに置いてある、どんぐりの入った、かごを見ると、

「どうぞならば、えんりょなく いただきましょう。」

と、どんぐりを全部食べてしまいました。

 

かごが空っぽになってしまったので、申し訳ないと思い、くまさんは代わりにハチミツの入った瓶を、かごに入れていきました。

 

その後も、次から次へと動物がやってきて、かごの中身は、どんどん変わっていきます。

 

さぁ、ろばさんが、お昼寝から目覚めた時に、かごの中に入っていたものは、一体、何だったでしょうか?

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

おだっちの感想

この、『どうぞのいす』のお話は、小学校の国語の教科書にも載っているくらい、広く沢山の子供たちに読まれています。

 

長女が幼稚園の時に、他のクラスの子供達が生活発表会の劇で演じていました。

 

うさぎさんが作ったイスの上に置かれた、かごの中身が、次々と変わっていくのが、とても面白いです(*^^*)

 

ろばさんが、長いお昼寝から目覚めて、かごの中身を見た時のリアクションが、思わず笑えました!

 

みんなに使ってもらおうとイスを作った、うさぎさんの優しさや、かごの中が空っぽにしてしまっては申し訳ない、と思う動物たちの、次の人への思いやりが、とても伝わる一冊です(о´∀`о)

 

 

ちなみに、この『どうぞのいす』の続編のような絵本もあります。

 

それが、こちらです。

 

 

あらすじは…

 

うさぎさんが今度は、テーブルを作りました。

 

みんなが使えるように、切り株のある丘へ、台車にテーブルを乗せて運びます。

 

うさぎさんが、とっても重いテーブルを運んでいると…

 

あれっ?何だか、さっきより軽くなったような気がします。

 

後ろを振り向くと、何も言わずに動物たちが台車を押すのを、手伝ってくれています。

 

この動物たちというのが、『どうぞのいす』で出てきた、みんなです(*^^*)

 

どうぞのいすを作ってくれた、うさぎさんへの、恩返しかな。

 

こちらも、心が温まる絵本です!

 

 おしまい

段々と、木々が色付き、紅葉が始まっていますね。

 

黄色く色付いた、大きなイチョウの木は本当に圧巻です!

f:id:shihomaru:20171107021156j:image

 

三連休に動物園に行った時、イチョウの木があり根元に、沢山の銀杏の実が落ちていました。

 

その銀杏の実を、長女が靴で踏みつぶしていました( ; ゜Д゜)

 

やめてぇ~!!

臭い匂いが、靴に染み付く!

 

銀杏の実は臭い上に、素手で触ると手が荒れるという体験を、私が小学生の時に経験しました。

 

銀杏は、とっても美味しくて大好きですけどね(*´ω`*)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

以前、あるテレビの番組で放送されていましたが、紅葉の時期の日本を、空から見ると真っ赤に染まっているみたいですよ(*≧∀≦*)

 

春・夏・秋・冬の四季がある日本って、本当に素敵だなぁ~、と改めて感じました。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(#^.^#)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ