おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

「サンタクロースって本当にいるの?」子供に聞かれたら、あなたなら何て答えますか?

ハロウィンが終わり、少しずつクリスマスの準備が始まっていますね。

 

イルミネーションが点灯してくると、何だがワクワクするのは私だけでしょうか(*´ω`*)

f:id:shihomaru:20171102091752j:image

 

【目次】

 

 

クリスマスツリー

我が家では毎年、クリスマスツリーを飾っています。

 

といってもツリーを買ったのは、もう5年以上前なので、だいぶ年期が入ってきていますが(笑)

 

だいたい11月の中頃から飾ります。

しかし、点灯させるのは12月に入ってからですが…

 

去年は、次女が8~9か月の頃だったので、ちょうどハイハイから、つかまり立ちの時期で、クリスマスツリーも、めちゃくちゃにされそうだったので玄関内に、ひっそりと飾っていました(-_-;)

 

しかし今年は、1歳半も過ぎて、もうだいぶ物心が分かってきたし、あまり口にも入れなくなってきたので、リビングに飾っても大丈夫かな、と思っています。

 

たぶん、興味津々で飾りを触ったり、取ったり、ツリーを倒したりするのは間違いないと思いますが…(T_T)

 

やっぱり、せっかく飾るんだったら、みんなが見えて目につくところが良いですよね!

 

クリスマスツリー自体は古くなってきていますが、飾りは年々、新しいものが増えてきています。

 

我が家では、だいたい100円ショップで飾りを買っています。

100円でも可愛いものが、沢山あるので十分です(^-^)v

 

今年もまた、もう少ししたら、子供たちと一緒に飾りつけをしようかな、と思っています。

 

 

ちなみに、今年の人気のクリスマスツリーは、これだそうです⬇

松ぼっくりも付いていて、本物に近い感じが、とっても良いですね(*^^*)

 

 

 

サンタクロースにお願い

 クリスマスが近付いてくると、子供は

「サンタさんにプレゼント、何をお願いしようかな~」

と考え始めますよね。

 

でも、中には

「サンタクロースなんて、いるわけないじゃん!!」

って冷めきった子供もいるはずです。

 

何だが淋しいなぁ…(>_<)

 

確かに、サンタクロースは空想人物なのかもしれません。

 

しかし、私は大人になった今でも、サンタさんは、いると思っています

むしろ、いてほしい…

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

実は私が物心ついた子供の頃は、クリスマスプレゼントは親から手渡しでもらっていました。

 

だから、朝起きたら枕元にプレゼントが置いてあった、という記憶がありません。

 

でも、サンタさんは信じていました

 

「何で?」

と聞かれたら正直、困りますが夢があっていいし、何だがワクワクするし!

 

じゃ、クリスマスからサンタクロースを取ったら、何も残らないじゃない、って感じですよね(^_^;)

 

 

皆さんは、サンタクロースって、いると思いますか?

 

「クリスマスなんて、外国のお祭りだし、日本には関係ない!」

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

我が家は、神道ですが、きっと今年も子供たちの枕元にクリスマスプレゼントが届くはずです(*^^*)

 

 

 

今日の絵本

【サンタクロースって ほんとにいるの?】

てるおか いつこ 文

すぎうら はんも 絵

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

男の子が、お風呂に入りながら、お父さんに質問します。

 

「ねえ サンタクロースって ほんとにいるの?」

 

「いるよ」

 

お父さんは、子供の鋭く、難しい質問に、試行錯誤しながら答えます。

 

f:id:shihomaru:20171102074846j:image

 

お風呂から上がると、今度は、お母さんにも質問を続けます。

お母さんも、また笑顔で答えます。


f:id:shihomaru:20171102074903j:image

 

 最後に、もう一度、子供たちは質問します。

 

「ねえ、ほんとうにいるの?」

 

「サンタクロースは ほんとにいるよ。せかいじゅう いつまでもね」

 

 

おだっちの感想

子供なら、誰もが不思議に思うことを、この絵本では面白おかしく、しかし子供たちの夢を壊さないように描かれています。

 

お父さんが、子供たちの鋭い質問に、どうやって答えたらいいんだろう…という心境が、読み聞かせる私にも凄く伝わってきます(^_^;)

 

お風呂から上がって、こたつで年賀状を書いている、お父さんとお母さん。

本当に困っています(笑)

 

皆さんなら、

「サンタクロースって、ほんとにいるの?」

 っていう子供の質問に、何て答えますか?

 

 

おしまい

7歳の長女に先日、

「サンタさんにプレゼント、何をお願いするの?」

と聞いてみたら、

「電話が欲しいなぁ~。母さんと話が出来る電話」

と言いました。

 

…電話かぁ~( ; ゜Д゜)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

確かに最近の小学生でも、携帯電話を持っている子供っていますよね。

 

防犯のためでもあるけど…

 

でも、私はまだ子供に携帯電話を持たせようとは思っていません

 

まだ、ある程度は目の届く範囲にいるし、学校から帰ってきても腕時計があるので、外で遊んでいても時間になれば帰ってくるし…

 

携帯電話があれば、確かに、すぐ連絡がつくので、どこにいるか分かるし、急な用事が出来ても、連絡が出来るので凄く便利ですが、ひと昔前は携帯電話なんて無くても、何とかなっていた、何とかしていたので、子供たちには、そういう試練も乗り越えていってもらいたいな~、という思いがあります。

 

しかし、時代背景が変わってきているので、どうなることやら…(-_-;)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ