おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

次女も、赤ちゃん筆(誕生記念筆)を作る予定です。長く伸びた髪に、思わずビックリ!!

長女と次女の髪が、長く伸びました!!

 

【目次】

 

次女の前髪

次女は1歳半になりますが、生まれてからまだ、一度も髪を切っていません

 

赤ちゃんの時に、髪の毛があまり生えていなかったわけではなくて、生まれた時から、結構、生えていました。

 

ちなみに、いつも前髪を結んでいますが、結ばないと、こうなります…

f:id:shihomaru:20171001105040j:image

 

全然、前が見えてない‼

 

というか、怖すぎ( ; ゜Д゜)

 

我が子ながら、ホラー映画にでも出てきそう…

 

 

それなら、なぜ今まで髪を切らなかったのか、と言いますと…

 

髪の毛で筆を作ろうと思ったからです。

 

赤ちゃん筆は、長女の時にも作りました(^-^)v

 

 

赤ちゃん筆(誕生記念筆)とは?

皆さんは、『赤ちゃん筆』って、ご存じですか?

 

赤ちゃん筆について、書かれた文を引用させていただきました。

赤ちゃん筆とは、生まれて初めて切った髪の毛で作られる筆のことで、「子供が健やかに成長するように」「頭脳明晰に育つように」「字がうまくなるように」という願いが込められた記念品です。「胎毛筆」や「誕生筆」とも呼ばれています。

ママのお腹の中にいるときから赤ちゃんに生えている産毛のことを胎毛といいます。胎毛は、毛先が細くなっているので筆の毛に適していますが、一度切ると毛先の形が変わってしまいます。そのため、生まれて初めて切った髪の毛を使って筆を作るのです。

 

一生に一度だけの、生まれた時の髪の毛、記念に取っておきたいですよね。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

赤ちゃん筆って、どこで作ってもらえるの?

長女の時に、初めて赤ちゃん筆というものがあることを知りました。

 

「せっかくだから、作ってみよう‼」

と思い、ある程度、髪の毛を伸ばしていました。

 

小さい子って、親が髪の毛を切ろうとしたら、じっとしていないし、ハサミでもし怪我させてしまったら…と思うと、すごく怖いので、私は美容院で切ってもらいました。

 

私が行っている美容院で、子供は大人の半額です。

 

美容院では、私が長女を膝の上に座らせて、切ってもらいました。

 

さすが、美容師さん‼

 

手慣れた感じで、パパっと切ってくれました。

 

長女も、じっとしていて泣かずに、あっという間に終わりました。

 

美容師さん曰く、

「赤ちゃん筆を作るためには、髪の毛が10cmくらいの長さがあれば十分作れます」

 

そして、どこで赤ちゃん筆を作ってもらえるのか聞いてみると、専門で作っているところがあるようです。

 

我が家は近くに、『人形の藤娘』があったので、そこへ髪の毛を持って行って作ってもらいました。

 

もしよかったら、参考にしてみて下さいね。

誕生記念筆-人形の藤娘

 

だから、次女の髪の毛も藤娘でお願いしようかな、と思っています。

 

でも、その前に、髪の毛を切らないと…

 

なかなか美容院に行くタイミングを逃してしまい、切れていません。

 

 

ちなみに、赤ちゃん筆は色んな所で作られているようですが、おすすめは『熊野筆』です。

 

熊野筆は広島県の特産品なんです。

 

長女が作ってもらったのは、文宏堂の熊野筆です(*^^*)

[送料無料]明治四十年創業から培った熊野筆の技でお作りする赤ちゃん筆髪の毛 誕生記念筆文宏堂(ぶんこうどう)謹製[胎毛筆(たいもうふで) 梅]桜木軸 [熊野筆]

 

 

長女の髪の毛

7歳の長女も髪の毛が伸びました。

 

ちなみに、長女の後ろ姿です。

f:id:shihomaru:20171001105527j:image

 (お風呂上がりに撮ったので、パジャマ姿です)

 

長いっ(*_*)

 

少し伸びた前髪は私が切っているのですが、後ろ髪は美容院でお願いしています。

 

「どこまで伸ばすの?」

と私が聞くと、

まあちゃんくらい」

と長女は答えました。

 

まあちゃんとは、後程、絵本をご紹介いたします。

 

しかし、そんな長女が、

「10月になったら、短く切る」

と言い始めました。

 

というのも、長女の髪は長い上に髪の量が多いんです!!

私も多くて太いから、遺伝かな(^_^;)

 

夏場は良いけど、冬場は生乾きだと風邪を引くし、なかなか乾かないし、くしでとかすのも大変だし…

 

長女も自分で髪の毛をとかしながら、もつれたところが、

「痛たたたたたぁ~」

と言っているので、そろそろ伸ばすのを止めたのかな(笑)

 

 

今日の絵本

【まあちゃんの ながい かみ】

たかどの ほうこ 作

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

はあちゃんと、みいちゃんは自分達の髪の毛の長さの自慢をしています。

 

まあちゃんは、短いおかっぱです。

しかし、まあちゃんは二人より、もっともっと伸ばすようです。

 

その長さときたら…

 

橋の上から髪の毛を垂らして、魚釣りが出来るくらい。

牛の角に引っかけて、牛を捕まえられるくらい。

寝袋みたいに、身体中に巻き付けられるくらい…

 他にも色々。

 

f:id:shihomaru:20171001115347j:image

 

でも、こんなに長い髪の毛、洗ったり、とかしたりするのも大変です。

 

さぁ、まあちゃんは、どうするのかな?

 

ご購入は、こちら

まあちゃんのながいかみ (こどものとも絵本) [ 高楼方子 ]

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

おだっちの感想

長女が、「まあちゃん」と言っていたのが、上記の女の子です。

 

まあちゃんの発想が、凄く面白いですよね(*´ω`*)

 

実際には人の髪の毛って、こんなに長くまでは伸びないと思いますが、もし伸びたとしたら凄く重いでしょうね。

 

髪の毛って、切るとサッパリして頭が軽くなった気がします!

 

まあちゃんの夢が、叶うといいですよね。

 

 

おしまい

私も、もう、しばらく美容院に行けてないなぁ。

 

最後に美容院に行ったのは、確か…

 

次女を出産する、ちょっと前だ(>_<)

 

ということは、かれこれ一年半以上、髪を切ってないや。

 

ちなみに、私の後ろ姿です。

f:id:shihomaru:20171001110906j:image

 (長女に写真を撮ってもらいましたが、予想以上に長くなってる!!)

 

いつも一つ結びにしています。

この方が楽だし、自分で髪のアレンジが出来ないので(-_-;)

 

私も、そろそろ、また美容院に行ってバッサリ切ってもらおうかなぁ~。

 

と言いながら、なかなか子育てしていると時間に余裕がないのでした。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(#^.^#)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ