おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

あなたはカレーライス派?それともライスカレー派?読むだけで、カレーが食べたくなる絵本を紹介します!!

みなさんは、カレーって好きですか?

 

私は小さい頃から、大好きです(*^^*)

 

【目次】

 

カレーライス?それとも、ライスカレー?

私は『カレーライス』って言いますが、中には『ライスカレー』って言われる方もいますよね。

 

ところで、カレーライスと、ライスカレーの違いって、みなさん、ご存知ですか?

 

「そんなの、ただの言い方の違いだけで、どっちも同じカレーでしょ?」

と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

私も、そんな程度にしか思ってなかったし、生まれてこの方、カレーのことを『ライスカレー』なんて言ったことがありません

 

 

しかし、実は『カレーライス』と『ライスカレー』は、別物なんです(>_<)

 

 

「えっ、そうなの⁉」

 

 

実は、そうみたいですよ…。

 

35年以上生きてきて、このブログを書くまで、全く知りませんでした(^_^;)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

では、『カレーライス』と『ライスカレー』の違いって、一体、何なんでしょうか。

 

調べてみました。

 

 

カレーライスと、ライスカレーの違い

簡単に説明すると、

カレーライス』とは、カレーが容器などに入れられて、ご飯とは別々になっているもの。

f:id:shihomaru:20170929035533j:image

 

ライスカレー』とは、ご飯に直接、カレーがかかっているもの。

f:id:shihomaru:20170929035547j:image

 

………。

 

「えっ、ということは、今まで私が食べてきたものは、ライスカレーだったの⁉」

 

全く知りませんでした(*_*)

 

 

みなさんは、どうですか?

 

私の中のイメージでは、『カレーライス』というのが一般的に、家で食べているもの、『ライスカレー』というのが、よくインド料理に出てくるような、ちょっと高級感があるもの、だと思いました。

 

しかし、そのイメージも、たった今、くつがえされました(-_-;)

 

しかも、『カレーライス』と『ライスカレー』には、もっと歴史的な深い話もあるようですよ。

 

もし、興味のある方は、こちらを覗いてみて下さい↓

housefoods.jp

 

 

おだっち家のカレー曜日

私が小学生の頃、我が家では毎週土曜日が、『カレー曜日』でした。

 

なぜ、土曜日がカレー曜日だったのか、というと…

 

もう母は他界しているので、実際のところは分かりませんが、たぶん私の考えでは、

「土曜日は学校がお昼までだから、簡単に作れるカレーにしよう」

といったところでしょうか。

 

私が小学生の頃は、ちょうど第二・四土曜日が休みの週休二日制から、土曜日が完全に休みの完全週休二日制へと移り変わる時代でした。

(今、考えると凄く懐かしい…)

 

確か低学年の頃は、まだ土曜日が休みになってなかったので、土曜日は給食なしの下校でした。

 

母は自営業の父の手伝いをする傍ら、家事をしながら会計の仕事をしたり、畑をしたりと、何かと忙しく過ごしていました。

 

だから私たち兄弟(長男・次男・私)が土曜日になると、給食なしで学校から帰ってくるので、それまでにお昼ご飯を準備するために、簡単で美味しいカレーになったのではないかと思います。

 

カレーは、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、お肉、カレールーがあれば、ことこと煮込めば出来ますからねぇ(^-^)v

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

私は毎週カレー曜日の土曜日が、とても楽しみでした!!

 

土曜日に学校から帰ってきて玄関を開けると、カレーの香りが漂ってくる…。

 

カレーの香りって、食欲をそそられます。

 

それって、私だけじゃないですよね?

 

近所のお家から、カレーの香りがしてくると

「あっ、カレーだ!いいなぁ~」

と思ってしまいます。

 

カレーって、不思議と、何度食べても飽きませんよね。 

 

 

 

海軍さんのカレー曜日

ちなみに、みなさんは海軍さんにもカレー曜日があるのって、ご存知ですか?

 

私は主人から聞いて、初めて知りました。

 

実は、海軍さんのカレー曜日は、『金曜日』なんです。

 

なぜ、金曜日がカレー曜日かというと…

 

 

海上自衛隊の方々は、長い海上勤務で外の景色も、海ばかりで殆ど変わらず、曜日感覚もなくなってしまうため、毎週金曜日にカレーを食べることで、曜日感覚を保っているそうですよ(^-^)v

 

昔、海軍さんが食べられていた、『海軍カレー』を再現したカレーも、色々と販売されていますよね。

 

 

一味、違ったカレーを食べてみるのも面白いかも。

 

 

 

おだっち流、カレーの作り方

皆さんのお宅では、カレーって、どのようにして作りますか?

 

野菜やお肉を切って、炒めて水を入れて、コトコト煮込んで、カレールーを入れる。

 

たぶん、これが一般的なカレーの作り方なんでしょうね。

 

カレールーの箱にも作り方が書いてあるし。

 

でも、私が作るカレーは違うんです。

 

実は私、お肉や野菜は炒めません

 

  • 野菜をお水から、コトコト煮る
  • 沸騰したら、お肉を入れてアクを取る
  • 野菜が柔らかくなるまで煮込む
  • カレールーを入れて、少し煮込んだら出来上がり
 
この作り方で、もう何年もカレーを作っています。
 
お肉や野菜を炒めることで、旨味を閉じ込めるのかな?
詳しいことは、よく分かりませんが…
 
確かに、手間暇かけて作ると、美味しいカレーが出来そうですが、炒めず煮るだけでも十分、美味しいと私は思います(*´ω`*)
 
料理は時間をかけずにパパっと作りたい‼
 
味音痴なもので、すいません。
 
でも一応、アクは取っています(笑)
 
そして、野菜が早く柔らかくなるように小さめに切っています。
 
大きい野菜が、ゴロゴロ入ったカレーも美味しいですよね~。
 
でも我が家は1歳半の次女もいるので、小さめに。
 
そしてカレーの辛さなのですが、大人用に作るのも面倒くさいので、家族みんなで食べられる味にしています。
 
甘口と中辛のカレールーを半分半分、そして最後にケチャップを入れます。
 
ケチャップを入れると、トマトカレーみたいになって美味しいですよ(*^^*)
 
カレーは家族みんな、大好きです!!
 
残ったカレーは、次の日に、カレーうどんにしたり、オムライス風にしてカレーをかけたり。
 
 

 

今日の絵本

これを読むと、

「カレーが食べたい‼」

って思えるような絵本を、ご紹介いたします。

 

【カレーライス】

 

小西 英子 さく

福音館書店 発行

 

 

あらすじ

きょうの ごはんは カレーライス

 

カレーライス、さあ、つくろう!

f:id:shihomaru:20170929045205j:image

 

野菜やお肉を切ります。

トントントン

 

お鍋で炒めます。

ジャー ジャー ジャー

ジュー ジュー ジュー

 

水を入れて、煮込みます。

コトコト コトコト

 

カレーのルーを入れて、さらに煮込みます。

クツクツクツ

 

わあ、できた!

いい におい!

f:id:shihomaru:20170929045226j:image

 

 

おだっちの感想

絵が、とても繊細で、野菜やお肉の素材を、とても丁寧に描いています。

 

カレーを作る手順も、小さい子供にも分かりやすく、絵本いっぱいの大きな絵が、まるで目の前にカレーがあるかのように思わせてくれます。

 

カレーの良い香りが、今にも漂ってきそう‼

 

カレーが食べたくなる絵本です。

 

 

 

おしまい

我が家では、カレーを作る時は長女にも手伝ってもらっています。

 

皮むきを使って野菜の皮むき、包丁で野菜やお肉を切ったものを鍋に入れてもらう。

 

長女に初めて包丁を使わせたのは、3歳くらいの時だったかな。

 

もちろん初めの頃は、私が一緒に手を取って切っていましたが、今では一人で上手に切れるようになりました。

 

お肉は、ちょっと切りにくそうですが(包丁の切れ味が悪いようで)、でも一人で全て切ってくれます。

 

時間はかかりますが、子供に料理の手伝いをしてもらうのは大きくなった時に、きっと役に立つかなと思います。

 

自分で切った野菜やお肉は、格別に美味しいようで、いつも必ずおかわりをしている長女です。

 

こういう時、女の子って良いな、と改めて思いました。

(もちろん、男の子もお手伝いしてくれる子は、してくれますよね)

 

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました (о´∀`о)

 

今晩は、カレーにしようかな(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ