おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

小学生の長女は、国語の授業で漢字を習い始めました。教科書に載っている絵本も紹介します。

最近、長女は国語の教科書が(下)になりました。

 

【目次】

 

国語の宿題

以前まで、国語の宿題はプリントで、主に平仮名の練習をしていましたが、教科書が(上)から(下)になってからは、漢字の練習をしています。

 

毎日、音読に加え、漢字のワークがあります。

 

小学一年生で習う漢字って、どんなものがあるか分かりますか?

 

 

 

小学一年生で習う漢字

全部で80字あるようです。

小学校で習う漢字一覧

 

初めて習う漢字なので、『一』から順番に『二』『三』『四』…と習うのかな、と思ったら違いました(^_^;)

 

初めて習ったのが、『山』『木』『川』『口』『目』『上』『下』でした。

 

意外や意外!!

 

読み方、書き順、画数、漢字の成り立ちを学校で学ぶようで、宿題のワークでは漢字を練習し、漢字を使った言葉を自分で考える、文をお手本に見習って書く、というものです。

 

漢字が読める、書けるようになると、何だかちょっと大人に一歩近付いたみたい?で嬉しそうです。

 

早速、覚えた漢字を見つけたら、喜んで読んだり、習った漢字を使って手紙を書いたりしていました(*^^*)

 

こちらの教材では、一年生で習う漢字を、右脳を使って楽しく学べますよ。