おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

英語のかけ流しで、いつの間にか娘が『アッポー』。英語に初めて触れるお子様に、おすすめのCDも紹介します!

次女は1歳になって、しばらくした、ある日、英単語を言いました(*_*)

それは…

 

 

【目次】

 

《次女が初めて話した英語》

長女の時も、小さい頃から英語を聞き取る耳を作ってあげたいと思い、あるCDを使って英語のかけ流しをしていました。

 

しかし、正直、目に見える効果が現れませんでした(T_T)

私の使い方が悪かったのか…

 

今も、朝食や車の中で英語のCDをかけ流していますが、やはり長女は、あまり反応が良くありません。

 

しかし、ABCの歌を覚えるのは早く、2歳でキラキラ星(twinkle twinkle little star)が歌えました(о´∀`о)

 

英単語というよりは、歌で英語を覚えている感じでした。

なので、全く成果が現れていないわけでもなさそうですね。

 

 

次女も、また長女と同じように0歳から英語のCDのかけ流しをしました。

 

その成果か…!

 

1歳を過ぎて、ある日、英語単語を話しました。

それは、

「アッポー」

f:id:shihomaru:20170916160054j:image

 

そうです、リンゴの写真を見て指差して、「アッポー」と言ったのです(*≧∀≦*)

 

次女に絵本を読み聞かせている時に、果物や野菜、動物や乗り物などを、英語で名前を言ったりしていましたが、それで覚えたのかなぁ?

 

それとも、英語のCDのかけ流しで英語の耳が作られているのでしょうか(*´ω`*)

 

 

 

《我が家の英語のかけ流し》

長女と次女に、英語のかけ流しをしてきた、そのCDとは…

 

私が、こよなく愛する七田式の中の、英語教材でもNo. 1の『さわこの一日』です。

 

CDの内容としては、2歳のさわこちゃんが朝起きてから、寝るまでの一日を日常的な会話を中心に、分かりやすい英語で、比較的、聞きやすく作られています。

 

お子様に英語に触れさせたいとお考えの方には、初めての教材としてはピッタリなので、おすすめですよ(*^^*)

 

可愛い絵本も3冊ついているので、日本語で絵本の読み聞かせとしても使えます。

 

さわこちゃんの声が、とっても可愛いですね。

 

もし、興味のある方は、こちらを見てみて下さい。

☆送料無料☆聞き流しで育つ英語力☆ 七田式(しちだ) さわこの一日・英語版☆★

 

 

 

《本日の絵本》

【りんごが ひとつ】

 

いわむら かずお 作

童心社 発行

 

(あらすじ)

主人公の、なっちゃんは丘の上が大好き。

なっちゃんは、おやつを食べようと丘の上に登ります。

真っ赤なリンゴが一つ入った、バスケットを持って。

f:id:shihomaru:20170916125640j:image

そして、リンゴを食べようとしたら…

 

あっ!!

 

うっかり手から落として、丘からコロコロコロ~

 

「まってよ、まって。わたしのりんご」

 

なっちゃんは、慌ててリンゴを追いかけます。

すると、ウサギがいました。

「うさぎさん、おねがい、りんごひろって」

なっちゃんと、ウサギがリンゴを追いかけます。

今度は、リスがいました。

「りすさん、おねがい、りんごひろって」

なっちゃんと、ウサギと、リスがリンゴを追いかけます。

丘から、なっちゃんが、ころんころん、ウサギが、ころんころん、リスがころんころん、リンゴが、ころんころん。

 

すると、丘の下にクマがいました。

クマの背中に、リンゴが、どすん。リスが、どすん。ウサギが、どすん。なっちゃんが、どすん!

 

さぁ、なっちゃんはリンゴを食べることが出来るのでしょうか?

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

(おだっちの感想)

この、『りんごがひとつ』は分類としては、単行本絵本となっています。

一見、ページが多く、小さい子には少し早いかな?と思いがちですが、1ページ当たりの文章は、とても短く長女が2歳にならない時に、初めて読み聞かせましたが、最後までアッという間に読み終えました。

 

モノトーンの色使いの中に、真っ赤なリンゴが、とても映えます。

 

リンゴを追いかけて、なっちゃんや、動物たちが丘から「くるりん」と転がるシーンが面白く、本をくるん、と回転させながら読んであげると、本当に転がっているような感じがしてイメージしやすいですよ(^-^)v

 

リンゴを皆で順番に食べるシーンでは、最後に待っているクマが早く食べたくて、待ちきれない様子が凄く伝わってきます。

 

最後に、リンゴを食べ終わったあとの種を、丘の上に埋めます。

「まっかなりんごがなるよ。きっとなるね」

 

と、本を閉じると…

 

丘の上から、芽が出ています!!

 

なっちゃんと動物たちの、リンゴの木、大きくなって、また皆で一緒に食べれるといいね(*^^*)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

《おしまい》

お店に並べられた真っ赤なリンゴって、とっても目を引きますよね!

思わず、手に取って買い物かごに入れてしまいます(笑)

私はもちろん、子供たちも大好きなので(#^.^#)

 

シャリシャリっとした食感と、溢れる果汁。

 

リンゴジュースや、アップルパイにしても美味しいし、サラダに入れたり、風邪を引いた時に、すりおろしたり…。

 

 

これから寒い時期が、リンゴの旬です。

『寒い所で出来たものは、体を冷やす』

と聞いたことがありますが、何でも飲み過ぎ・食べ過ぎはよくありませんよね(-_-;)

 

しかし、旬の物は、やっぱり栄養満点!!

 

 

体に、とっても良いものばかりです。

だからリンゴも美味しくいただきまーす(*^^*)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ