おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

初めての『イヤイヤ期』に、おだっち苦戦中?! 1歳5ヶ月って、こんな感じだったかなぁ?

1歳5ヶ月になる次女は、最近、だいぶお喋りが上手になりました(^-^)v

 

【目次】

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

《1歳5ヶ月のお喋り》

次女が初めて、はっきりと喋った言葉とは…

 

「あっち!!」

 

ちなみに、この意味は方角を表す、『あっち』ではなく、温度が高い『熱い』という意味です。

 

私が少し温めた牛乳を、

「熱くないかな?」

と言いながら飲ますと

「あっち」

と言って手で頬っぺたを触る仕草をしました。

 

お風呂に入る時も、湯船が熱いと「あっち!」

 

ちなみに、冷たいお茶を飲んでも「あっち!」と言って手で頬っぺたを触る仕草をします(笑)

 

抱っこをしてほしい時は、

「あっこ」

と言って手を広げてジェスチャーをします。

 

『はじめてのおつかい』で、みいちゃんのお母さんが赤ちゃんを抱っこしているシーンでも、指さして「あっこ」と言います。

www.ehonlove.com

 

だいぶ、言葉や意味が理解出来てきているようです。

 

 

最近、リンゴのことを『あっぽー』と言うようになったのには驚きです(@_@)

リンゴの絵を見たり、スーパーでリンゴを見ると、指さして「あっぽー」と言います。

これも、長女と一緒に家で英語のCDを聞き流している成果なのかな?

 

ちなみに、我が家では七田式の英語教材、『さわこの一日』や『ゆきおの一日』を主に、食事中や遊んでいる時に、自然にかけ流しています(^-^)v

 

どちらも聞きやすくて、私も子供と一緒に英語の勉強をしています(笑)

さわこちゃんの方が、英語を初めて勉強する子供向けに、分かりやすいですよ。

 

私が尊敬する七田式教材は、英語にも大変力を入れているので、とってもオススメです(*≧∀≦*)

興味のある方は、よかったら参考までに…

 

 

《言葉の理解》

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」などの挨拶は、頭を下げるようになりました。

 

「いただきます」「ごちそうさま」は、両手をパンパンと叩いて、手を合わせます。

 

私が「○○を取ってきてね」とか「あった場所におしまいしてね」などと言うと、きちんと言ったように行動できます。

 

本棚から「○○の絵本は、どれかな~?」と言うと、ちゃんと探して持ってきてくれます(^o^)

 

 

《自分で食べる!》

食事は、自分で手づかみして食べることが、ほとんどですが、時々、自分でスプーンを持って少し、すくって口まで運べるようになりました。

私がスプーンで食べさせようとすると嫌がって、『自分で食べる!』というように私からスプーンを取って、自分で口に運びます。

 

1歳5ヶ月になり、だいぶ自我が芽生えてきたようです(о´∀`о)

 

 

《イヤイヤ期に?》

長女の時は、初めての育児でしたが、それほど手がかからなかったように思います。

世間でいう、『イヤイヤ期』というのも特に感じなかったし…

落ち着きがなかく、じっと出来ない(小学生になっても、まだじっと出来ませんが…)ことは、ありましたが。

 

しかし、次女は長女とは違い、とにかく

『きぃ~~~!!!!』

と高い声で叫ぶ、叫ぶ(T_T)

 

そして、嫌なことがあると長女や私の頭を叩いたり、叩こうと手を上げる仕草をします。

 

これって、『イヤイヤ期』ですか?

 

二人目の子育てですが、何だか初めての体験です(-_-;)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

《トイレトレーニング》

次女は、うんちが出た時は、服をめくって教えてくれるようになりました。

 

何となく、出そうかな?という行動をしている時に、おまるに座らせていますが、嫌がらず座ってはくれますが、まだタイミングが合わないのか、おまるで排泄するという理解が出来ていないのか、まだ一度も成功はしていません。

 

体重が、やっと9kgを超えたので、そろそろ紙パンツもMサイズから、Lサイズにアップかな~、というところです。

 

 

《絵本の紹介》

1歳5ヶ月の次女が最近、お気に入りの絵本をご紹介いたします。

 

【おばけの バーバパパ】

 

さく/アネット=チゾンとタラス=テイラー

やく/やました はるお

偕成社 発行

 

(あらすじ)

ある日、フランソワが庭で花に水をやっていると、バーバパパが生まれました。

 

フランソワは、すぐにバーバパパと仲良しになりますが、バーバパパが、あまりにも大きすぎて一緒に家で住むことが出来ないので、仕方なく動物園に引き取ってもらうことにしました。

 

しかし、バーバパパは、狭いオリに入れられて、ちっとも楽しくありません。

 

バーバパパは姿を変えて、オリから逃げ出しました。

 

それを見た園長さんは、怒ってバーバパパを動物園から追い出してしまいました。

 

行くあてもなく、友達もいないバーバパパは、とうとう泣き出してしまいます。

 

ところが大変…!

f:id:shihomaru:20170813115301j:image

 

 

(おだっちの感想)

次女は本棚から見つけて持ってくる度、「ば~ばばぱ」と言っています。

ちなみに、ばばばあちゃんのことは、「ばば~ばば」と言います(笑)

www.ehonlove.com

 

微妙な違いですよね(^_^;)

 

次女が一番好きなページは、バーバパパが泣いているシーンで、一緒に「あ~ん」と泣くマネをするところと、ヒョウを「ひょいひょい」っと捕まえて、オリに入れられているところです。

 

バーバパパが庭から生まれたのって、みなさん知っていましたか?

私は知りませんでした(^_^;)

バーバパパって、おばけなんですか?

 

ちなみに、バーバパパという名前はフランス語で『わたあめ』という意味のようで、作者が、この名前を気に入り、『わたあめ』と『パパ』の2つをかけたものが名前の由来となっているようですよ(^-^)v

 

バーバパパは誕生から45年以上経ちますが、今もなお、世界中で愛され続けている絵本なんです!

 

1作目となる『おばけのバーバパパ』のみ、偕成社の出版となっていますが、それ以外は講談社から出版されています。

 

バーバパパとバーバママ、そして7人の子供たちが繰り広げるシリーズは、どれもとっても楽しいお話ばかりです(*´ω`*)

ぜひ、シリーズで読んでみて下さいね。

 

 

 

《バーバパパグッズ》

バーバパパグッズって、色々と販売されていますよね~。

 

そんな数ある商品の中でも、私が特に注目したものをご紹介いたします(#^.^#)

 

『バーバパパのスリッパ』

大人用と子供用のサイズがあるようです。

家族で履けば、あなたもバーバパパファミリー?!

色でひと目で誰のスリッパか分かるし、とっても可愛いですよね(*^^*)

 

『バーバパパのコップ』

こちらも、家族で揃えて使いたいグッズです!

お茶の時間に、みんなで使えば家族の絆が深まること間違いなし(^-^)v

 

『バーバパパのポーチ』

ペンケースはもちろん、お化粧ポーチとしても使えそうです。

開け口が広いので、中身の出し入れも簡単に出来そうですね!

 

 

《おしまい》

お盆、真っ只中。

お仕事の方もいらっしゃると思いますが、みなさん、ご先祖さまのお墓参りをされましたか?

 

私も帰省し、両親のお墓参りをしてきました。

今年は長女がお墓を一生懸命、みがいていたので、とても関心しました。

 

お墓は、各地でイベントをされていますが、まずはご先祖さまを敬い、子供たちにお盆の意味の大切さを教えてあげることが大切だと思います(^-^)v

 

帰省や行楽地へ行かれる方は、道路が渋滞しているので、くれぐれも気を付けて下さいね!

 

そして、まだまだ残暑が厳しいので熱中症にも注意して下さいm(_ _)m

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ