絵本が大好き!!主婦おだっちのおすすめと、読み聞かせ効果を絶賛するブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

【必見!!】子供が嫌がるオムツ換え、歯磨き、お風呂、爪切りなどが楽に出切るようになるコツを紹介します!

育児をしていると、どうしても子供が嫌がって、思うように出来ないことってありますよね?

 

そんな時に、ぜひ実行してみていただきたい方法があります。

 

我が家は、この方法で育児が楽になりました(^-^)v

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

《トイレトレーニング》

少し前くらいから次女は、紙パンツの中に、うんちをしたら自分で服をめくって、

「出たよ~」

というジェスチャーをしてくれるようになりました(^-^)v

 

オマルには時々、座らせていますが、まだ

オマル=トイレ(おしっこや、うんちをするところ)

というのが、理解できていないのか、タイミングが合わないのか、なかなか成功はしていません。

f:id:shihomaru:20170728092746j:image

 

でも、焦らず娘の様子を見ながら、トイレトレーニングを進めていきたいと思います。

 

 

《オムツ換え》

紙パンツを換える時に、私は毎回、おしり拭きを使っています。

その方が、気持ちいいかな~と思って…。

 

なので、綺麗に拭いてあげるためにも一旦、娘を寝かせてからオムツを換えます。

 

以前は、

「おしっこ換えるよ~」

というと、わざと逃げたりしていましたが、最近は

「ころんとして、換えるよ」

と言うと、自分でちゃんと寝転がってくれるので助かります(*^^*)

 

うんちが出ている時は、換えるのに少し時間がかかるので、少しすると動き出そうとしますが、そんな時は

「もうすぐ終わるからね。い~ち、に~い、さ~ん…」

と10まで数え終わるまでに換えるようにすると、じっとしていてくれます

 

 

《10数える》

娘の中では

10まで数え終わる=おしまい

 

と理解しているようです。

 

だから、お風呂から上がる時も、

「10数えたら上がるよ」

と言って数えはじめると、自分でちゃんと肩まで浸かって上がるし、爪を切る時も動いたら危ないので

「10数えたら終わるよ」

と言って数えながら切ると、何とか、じっとしてくれています。

また、歯磨きも10数える間は、嫌がらずに、ちゃんと磨かせてくれます!

 

数を数えることで、数字を理解出来るし、

「ちょっと」や「少し」という、あいまいな時間が、まだ理解できないので、そういう時に、日頃から「10を数える」ことで、

「10数え終わったら、おしまいなんだ!」

と、子供も時間を理解しやすいですよ(^-^)v

 

10まで数え終わる=おしまい

という約束を、ぜひお子様と実行してみて下さいね。

 

しかし、気を付けたいことは、10まで数えたら終わり、と約束しているのに、子供が、じっとしていてくれるから、と10以上を数え始めると、子供も

「あれっ、10数え終わったら終わりじゃないの?」

と、困惑してしまいます

すると、

「約束が違うじゃない!!」

 と、怒ったり、泣いたりする可能性があるので十分注意して下さいね。

 

まだ小さいから分からないだろうと、勝手に決めつけないで下さいね。

小さくても一人の人間です。

ちゃんと理解しています。

 

親子の信頼関係を日頃から、しっかりと作っていきましょうね(*´ω`*)

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

ちなみに、10以上数える時は、

「今日は10より多く数えるよ。20まで出来るかな?頑張ってみようね!」

など、始める前に、いつもと違うことを、きちんと伝えてあげて下さい。

 

そうすると、初めは少し戸惑うことがあっても、すぐに理解してくれるようになるはずです(^-^)v

 

「10より大きい数があるんだ」

と、子供も新たな発見、勉強になるのではないでしょうか。

 

 

《絵本の紹介》

今回は、1歳4ヶ月の次女が最近、お気に入りの絵本を紹介します。

 

はけたよ はけたよ

ぶん・かんざわ としこ

え・にしまき かやこ

偕成社 発行

 

 

(あらすじ)

たつくんは、一人でパンツがはけません。

はこうとしても、ふらふらして…

どでん!

何回やっても、尻餅をついてしまいます。

 

「えい、パンツなんか はかないや。」

たつくんは、外へ駆け出します。

 

すると、犬・猫・ねずみ・牛・馬が来て、たつくんのお尻を見て笑います。

f:id:shihomaru:20170728091938j:image

 

たつくんは、どんどん逃げ出します。

 

田んぼで、鳥のサギに会います。

一本足で上手に立っているサギのマネをしますが…

やっぱり尻餅をついてしまい、お尻は泥だらけ。

 

たつくんは一人でパンツがはけるようになるのかな?

 

 

(おだっちの感想)

 次女は、まだ一人でパンツは、はけませんがオムツ交換をする時に、新しい紙パンツを持ってきてくれたり、パンツに手を通したりしています。

 

お風呂上がりは必ず、パンツをはかずに裸のままでリビングを笑いながら走り回ります

裸になると気持ちがいいんでしょうね(笑)

 

そういえば、長女も昔、同じことをしていました。

 

 

たつくんが一生懸命、自分でパンツをはこうとする姿は、必ず子供が通る道ですよね。

 

時間がかかっても、もどかしくても自分で、はこうと頑張っている時には、力を貸さずに見守ってあげたいですよね。

f:id:shihomaru:20170728092030j:image

 

そして、上手に出来た時は、思いっきり誉めてあげて下さいね(о´∀`о)

 

ちなみに私は、

「上手に出来たね~」

と、笑顔で頭をなでてあげます。

 

ぎゅっと抱きしめたり、抱っこしてあげると、もっといいでしょうね。

 

 

 

《おしまい》

夏休みに入り、子供の宿題を見たり、勉強の手伝いをしたり、絵本の読み聞かせをしたり…

なかなかブログの更新が出来ていませんが、出切る限り、更新していきたいと思いますので、これからも、よろしくお願いします(*^^*)

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログのランキングにも登録しているので、もしよろしければ押して下さいm(_ _)m

  ⬇

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ

 

ブックマークなど、コメントもいただけると、もっと嬉しいです(*≧∀≦*)

  ⬇