おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

暑い時に、食べたくなるもの…○○が出来る、不思議な乗り物があります!絵本の世界は、本当に素晴らしい。

すっかり蒸し暑くなりましたね(*_*)

 

我が家には1歳の子供もいるし、無理をさせたらいけないと思い…

ついに、先週からクーラーをつけました!!

 

すっごい快適~(*≧∀≦*)

f:id:shihomaru:20170705083025j:image

 

でも一度つけてしまうと、その涼しさに慣れてしまうんですよね…(-_-;)

 

 

 

《我が家の暑さ対策》

我が家で今年、大活躍しているもの…

 

それは、『かき氷器』です(^^)v

 

以前は手動で回すものだったのですが、壊れてしまったため、新たに購入しました。

今度は電動かき氷器(*≧∀≦*)

f:id:shihomaru:20170704162105j:image

 

と~っても楽です!

 

楽だからか、主人は毎回、おかわりをしています。

お腹を壊さないといいけど…(^_^;)

 

定番の、イチゴミルクも最高ですが、今年はコーラ味が人気です!

あっさりしていて、ほんのりコーラの味がします。 

 

あと、メロン味も。

普通のメロン味じゃなくて、夕張メロン味

色は、やっぱりオレンジ色です。

濃厚な感じで、ワンランク上の、かき氷を味わえますよ(^-^)v

 

 

 《暑い時に、あったらいいな》

かき氷も、もちろん良いけど、やっぱり暑い時には欲しくなりますよね!

 

実は、その○○が出来る、不思議なミキサー車があるんです(о´∀`о)

 

ゆうちゃんの みきさーしゃ

ゆうちゃんのみきさーしゃ (こどものとも絵本) [ 村上祐子 ]

村山 祐子 さく

片山 健 え

福音館書店 発行

 

(あらすじ)

ゆうちゃんは、お菓子の缶とコップでミキサー車を作りました。

すると、なんとミキサー車が動き始めたのです!

ゆうちゃんはミキサー車に乗って出発!!

お友達が遊んでいる公園を過ぎ、不思議な森を抜けると…

行く先々で、ミツバチから蜂蜜・ニワトリとウシから卵と牛乳・サルから果物・クマからは雪をいっぱい、ミキサー車のお腹の中に入れてもらいました。

ゴロゴロミキサーを回しながら、お友達のいる公園に帰ってきて、ミキサー車のボタンを押すと、中から出てきたものは…?

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

(おだっちの感想)

こんな不思議なミキサー車があったら、最高だろうなぁ~(*≧∀≦*)

 

どんな味がするんだろう…

食べてみたいです(笑)

f:id:shihomaru:20170705084728j:image

 

それにしても、作者の村山 祐子さんの発想は、本当に面白い(о´∀`о)

 

でも、こんな小さな男の子がミキサー車を運転してもいいのかな?

って、絵本の中だから大丈夫か(笑)

絵本だからこそ、描ける夢ってありますよね。

 

 

《おしまい》

今回のお話、『ゆうちゃんの みきさーしゃ』を読んで、改めて思いましたが、

 

絵本って、本当に素晴らしい!!

 

現実には、絶対に不可能なことでも、絵本の中の世界では、それが可能になる。

 

夢が、どんどん膨らみます(*´ω`*)

 

  • この人、凄いなぁ~
  • こんなこと、出来たらいいな
  • こんなもの、あったらいいのにな

 

など、絵本の魅力に吸い込まれていきます。

 

そんな時に、ただ絵本を読んで、おしまい、っていうだけじゃなくて、読み聞かせたあとに、親子で絵本の感想や、読んで、どんな気持ちがしたか、どんなふうに思ったか…

など、話し合ってみるのも面白いですよ(^-^)v

 

同じ1冊の絵本でも、読む人によって、捉え方や物の見方が違います。

 

そうすると、次にまた読んだときに、新しい発見があるかもしれませんね!

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)

 にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ