おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

夏野菜をいっぱい食べて、夏バテを防ぎましょう!野菜嫌いな子供も、野菜が好きになる?!そんな絵本を紹介します。

みなさんは、野菜って好きですか?

 

私は、大好きです(*≧∀≦*)

みずみずしくて、新鮮で、栄養や食物繊維が、い~っぱい!!

f:id:shihomaru:20170629031042j:image

 

 

《野菜の季節到来!!》

これからの時期、夏野菜が美味しいですよね!

 

トマト、キュウリ、ピーマン、ナス、トウモロコシ、スイカ…

 

夏野菜って、ほんと、沢山ありますね~。

 

どれも、ピカピカ光って、みずみずしい(*^^*)

 

 

 

《我が家の長女は、農家の娘?!》

主人の実家では、庭の畑に野菜を作っています。

 

長女は、おじいちゃん・おばあちゃんが大好きなので、よく主人の実家には、お邪魔させていただいています。

 

おじいちゃん家の楽しみといえば…

 

畑で野菜を収穫することです(^-^)v

 

季節によって、収穫する野菜が違うので、毎回、おじいちゃん家に行く度に、「今日は、どんな野菜が採れるかなぁ~」と、凄く楽しみにしています。

 

先日は、玉ねぎや空豆、スナップエンドウなどを収穫していました。

f:id:shihomaru:20170629013136j:image
f:id:shihomaru:20170629013456j:image

どうですか?まるで、農家の娘みたいでしょ(笑)

野菜の収穫も、すっかりお手のものです(^-^)v

 

娘が育てたわけではないけれど、自分で収穫した野菜は、格別に美味しいようで、娘は野菜が大好きです!!

 

 

 

《夏野菜の豆知識》

色が濃い野菜は、栄養満点!!って聞いたことがあるけど、夏野菜の栄養って、どんなのがあるのかな?

 

きっと、太陽の光を、たくさん浴びているから栄養分も高いんでしょうね(^^)

f:id:shihomaru:20170629031858j:image

 

そこで、夏野菜の栄養について詳しく書かれたサイトを見つけたので、紹介させていただきます。

  ↓ ↓ ↓

野菜の栄養/夏の野菜

 

 どの野菜も、体に良いものばかり!

 

夏野菜を、たくさん食べて、これからの時期、夏バテを防ぎましょう(>_<)

 

 

 

 《野菜の絵本》

野菜が出てくる絵本も、色々ありますよね。

 

そんな中でも、娘が好きで何度も読んだ、野菜がたくさん出てくる絵本を紹介します。

 

 

おやおや、おやさい

おやおや、おやさい (福音館の幼児絵本*幼児絵本シリーズ) [ いしづちひろ ]

石津 ちひろ 文

山村 浩二 絵

福音館書店 発行

 

 

(あらすじ)

今日は野菜のマラソン大会。

たくさんの野菜たちが走ります。

 

「そらまめ そろって マラソンさ」

「かぼちゃの ぼっちゃん かわに ぼちゃん」

「りっぱな パセリは つっぱしる」

 

一等賞になったのは、どの野菜かな?

 

 

(おだっちの感想)

この絵本に出てくる野菜たちは、どれもリアルで、とても可愛く描かれています。

 

韻を踏んだようなリズミカルな文章が、とても面白くて楽しくて、子供もきっと、すぐに覚えてしまうでしょう。

 

見たことのない野菜も登場するかもしれませんが、そんな時はスーパーの野菜売り場などで、子供と一緒に探してみて下さい。

実物と絵本に出てくる野菜を結びつけることで、野菜の名前を覚えることが出来ますよ(^-^)v

 

 

 《シリーズ》

『おやおや、おやさい』の絵本は、他にもシリーズであるので、こちらも、ぜひ読んでみて下さいね!!

 

  • くだもの だもの

「かいすいよくにはいかないスイカ」「キウイうきうきうきわでおよぐ」「バナナはなんばん?ななばんよ! 」など、幼い子も真似て口ずさめるリズミカルで楽しい言葉が満載。舞台は真夏の海水浴場。

 

  • おかしな おかし

スポーツセンターにやってきたお菓子たち。「まんじゅうじまんのじゅうなんたいそう」と準備体操をし、「ぷるぷるプリンがトランポリン」とトランポリンをしたり、「パスはしっぱいアップルパイ」「サッカーのクッキーきせきのキック」とバスケットボールやサッカーもします。どのスポーツにも参加していたクラッカーは「のどがからからクラッカー」となってしまい……

 

 

《おしまい》

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました(о´∀`о)

 

野菜嫌いなお子さんもいるかもしれませんが、野菜好きにさせるためには、

 

自分で野菜を育ててみるのが一番!!

 

野菜を育てる、となると土を耕して、肥料を混ぜて…

 

と、凄く大変な作業のように思われるかもしれません。

 

確かに、大変です(>_<)

私も小さい頃、母親の畑仕事を手伝ったことがあるので。

 

くわを降り下ろして、土を耕す。

これ、結構力がいるんですよね~。

腰も痛くなるし…

 

でも最近では、便利な機械があるんですね。

 

 

これなら力もいらないし、そんなに大きくないので便利そう!

しかも、カセットコンロ式ガスボンベを使っているので、油を使う必要なし。

 

近所で畑をしている、おばあちゃんの息子さんが使われているのを実際に、見たことがありますが、確かに簡単で使いやすそう。

 

…と、そこまで本格的にしようと思ったら、かなり大変ですが、プランターで育てるくらいなら手軽ですよね。

 

私も一人暮らしをしていた学生の時に、アパートのベランダで、プランター栽培をしていました。

 

中でも育てて一番、良かったな、というのがミニトマトです。

f:id:shihomaru:20170629031929j:image

 

次から次から、たくさん実ってサラダや、ちょっとした飾りに使っていました。

 

お店で売っているようなものではなく、私の育てたミニトマトは皮が固かったけれど、何より自分で育てて、自分で収穫したものを食べる、嬉しさと喜びは、はかりきれません。

皮が少しくらい固くても、とっても美味しかったのを今でも覚えています。

 

 

野菜を育てることが難しいようなら、

 

自分で料理してみる!!

 

野菜を洗って、皮をむいて包丁で切って…

 

時間をかけて、一生懸命料理した、おかずは例え、切り方が下手でも、きっとお味は最高なはず(*^^*)

 

小さい子に包丁を使わせるのは、確かに怖いですよね。

セラミック包丁なら、軽くて切れ味がいいので、あまり料理をしたことがない方や、お子様にピッタリですよ。

 

小さいうちから料理のお手伝いをさせていたら、将来、一人暮らしをする時にも役に立ちますよね。

 

 

旬の野菜を、たくさん食べて、野菜の恵みをいただきましょう(^o^)

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ