おだっちの絵本 ときどき育児ブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

七夕に、切ないけれど幸せな気持ちになれる、そんな絵本を子供に読み聞かせてみては、どうですか?

もうすぐ七夕ですね。

みなさんのお家では、七夕飾りってしますか?

f:id:shihomaru:20170627234556j:image

 

 

《長女のお願いごと》

我が家では、特に七夕飾りはしていません。


長女が幼稚園の頃は、幼稚園で七夕飾りを作り、短冊にお願い事を書いて、一人1本、笹に吊るしたものを家に持って帰っていました。

 

もし、お家で七夕飾りを作ろうかな、と思う方がいたら、折り紙で簡単に七夕飾りが出来るサイトを見つけたので、もしよかったら参考にしてみて下さいね(^^)v

handmade3.jp

 

長女の小学校の授業で、七夕飾りって作るのかなぁ?

作らないとしたら…

今年は七夕飾りはしないな。

 

と思っていたら、いつも行くスーパーで自由に短冊を書いて、笹に吊るせるコーナーがあり、長女が「書きたい!」と言ったので書いてきました。

 

ちなみに、長女が書いた短冊は、こちらです。

f:id:shihomaru:20170627221521j:image

おじいちゃんと、おばあちゃんが、これを見たら喜ぶだろうな~(*^^*)

長女は、おじいちゃん・おばあちゃんが大好きなので。

 

 

《七夕の絵本》

七夕の絵本も、色々と出版されていますが、そんな中でも、とても切なく、感動するお話があるので、ご紹介します。

 

 

きつねの たなばたさま

きつねのたなばたさま (ワンダーおはなし絵本) [ 正岡慧子 ]

正岡 慧子 作

松永 禎郎 絵

世界文化社 発行

 

 

(あらすじ)

「あっ、おかあさんだ!おかあさーん!」

 

こぎつねは大声で呼びましたが、お母さんぎつねは雲の中に消えていきました。

「まって!いかないでーっ!」

 

こぎつねは同じ夢を、何度も見ました。

 

お母さんぎつねは食べものを探しに行ったまま、帰ってきませんでした。

漁師に撃たれたことを、こぎつねは知らないのです。

 

ある日、こぎつねが山を降りると、一軒の農家の家がありました。

お母さんと、小さな男の子が笹に綺麗な色紙をぶら下げています。

 

「おとうさんの びょうきが、はやく なおりますように」

 

男の子は、短冊にお願い事を書きました。

 

こぎつねも、お願い事を書きたくなりました。

でも、こぎつねは字が書けません。

こぎつねは、山芋の葉っぱに足跡をつけて、祈りました。

 

「おかあさんが かえってきますように」

 

その山芋の葉っぱを、農家の家の笹に、しっかりと吊るしました。

 

何日かして、また農家の家に行くと、男の子がお父さんと一緒にいました。

男の子のお願い事がかなったのです!

 

さて、こぎつねのお願い事は、かなうのでしょうか…

 

 

(おだっちの感想)

このお話を読んだ時、とても胸がジーンとしました。

 

帰ってこない、お母さんぎつねを思う、こぎつねの気持ちが、痛いほど伝わってきます。

 

短冊に、お願い事を書けば、願いは、かなう…

 

しかし、結果として、こぎつねの願いは、かないませんでしたが、最後は幸せに笑っている姿が目に浮かぶようです。

 

 

私も、もう両親を亡くしています。

決して忘れることはありませんが、やはり時が経つと記憶は、だんだんと薄れてきます。

 

しかし、両親との思い出は今でも、心の中に残っているし、時々、夢にも出てきます。

そんな時は、「いつも側で見守ってくれているんだな」と感じます。

 

今は私も主人と、二人の娘に恵まれ、家族という、かけがえのない愛に包まれています。

 

辛く、淋しい時に、両親に相談することは出来ませんが、家族がいるという幸せが、私の何よりの支えです。

f:id:shihomaru:20170627235945j:image

 

 

《おしまい》

何だか少し、切ない感じになってしまい、すいません(>_<)

 

毎年、この時期になると空を見上げては、天の川を探してしまいますが、町の光が明るいのと、梅雨で天気が悪いのとで、正直、今までに一度も天の川、というものを見たことがありません

 

今年も見れないかも…(-_-;)

 

いつか、きっと天の川を見てみたい!と願う、おだっちなのでした。

f:id:shihomaru:20170627235002j:image

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ