絵本が大好き!!主婦おだっちのおすすめと、読み聞かせ効果を絶賛するブログ

7歳と1歳の姉妹の母です。趣味は、料理やお菓子作り。主婦になる前は、介護の仕事をしていました。性格は、のんびりマイペースで、あまりストレスをためないタイプ。このブログでは子供たちに、毎日絵本の読み聞かせをしていくなかで出会った、数多くの素晴らしい絵本の紹介をしています。

0ヶ月の赤ちゃん(新生児)に、おすすめの絵本って何?どうやって読み聞かせるの?家庭保育園の、すくすく館をもとに考えてみます。

[絵本 子供 読み聞かせ おすすめ 幼児教育] ブログ村キーワード



どんな絵本を読んであげたらいいの?

f:id:shihomaru:20170403053402j:plain






うちの子には今、どんな絵本を読んであげたらいいのかなぁ…と悩んでいる方に必見です‼

数え切れないほど膨大な数の絵本の中から、自分で探して選んで悩んで、貴重な時間を潰すより、まずは土台をしっかり固めると次に選ぶ絵本も、ある程度、検討がついてきますよ(^_^)v


私が幼児教育について、色々調べた中で「これだっ!!」と確信したのが家庭保育園です。


家庭保育園のホームページは、こちら
 ↓ ↓ ↓
http://www.katei-hoikuen.co.jp


その中でも絵本を扱ってある、第1教室の「すくすく館」に凄く魅力を感じました(*^^*)


家庭保育園 第1教室の概要はこちら
 ↓ ↓ ↓
http://www.katei-hoikuen.co.jp/system/class01.html





家庭保育園の、すくすく館って?


家庭保育園、第1教室にある、すくすく館の本は、本当にどれも素晴らしいです!!

どの絵本を読んであけだたらいいのか、悩まなくても全てが揃っています(^^)v

ロングセラーの絵本は、もちろん日本や外国の昔話、読み聞かせによって知識が教養できる絵本、お家の方に読んでいただきたい育児書、さらに本棚まで付いたセットです!!

選んで、読んで絶対に後悔はしませんよ(^o^)





絵本の読み聞かせの大切さについて

f:id:shihomaru:20170403054102j:plain


1日30分の読み聞かせは、金の卵を産む鶏を育てる」という言葉があるように、毎日、子供に絵本を読んであげていると本が大好きになり、創造力が豊かな子供に育ちます。

絵本の読み聞かせを通じて、ぜひ親子の絆を深めて下さいね(*^^*)


そんな素晴らしい子育てに、少しでもお役に立てたらいいなと思いながら、日々ブログを書いています。



それでは、今回からシリーズで、年齢に応じた、おすすめの絵本を家庭保育園の、すくすく館から抜粋して紹介していきたいと思います(^^)v






0ヶ月の赤ちゃんの視力って、どれだけ見えているの?


生まれたばかりの赤ちゃん(生後0~28日の新生児)の視力は0.01~0.02で、周りの世界はぼんやりとしか見えていないようです。

理由は、赤ちゃんは遠視の状態で生まれてくるから。

生まれたての頃は瞳孔を覆っている角膜が薄くなっているため、遠視の状態だからだそうです。

新生児がよく見える距離は、およそ30cmくらいなので、話しかける時には顔を近づけてあげて下さいね。

また、濃い色(黒など)の方が、よりはっきりと見えているようです。

余談ですが、出産前後に乳首の色が黒っぽくなるのは、赤ちゃんがおっぱいを探しやすくするため、だそうですよ(^^)v


ちなみに、生後4週間の赤ちゃんが見える見え方は、こんな感じ。
 ↓ ↓ ↓
f:id:shihomaru:20170402172443j:plain


確かに、ほとんど見えていませんよね(^_^;)

しかし、耳はハッキリ聞こえるので、お父さん、お母さんの声は、お腹の中にいた頃から、しっかり聞こえていますよ。





0ヶ月の赤ちゃんに、おすすめの絵本って?


あかちゃんのうた
堂心社 発行
松谷みよ子 ぶん
いわさきちひろ え


松谷みよ子さんの絵本も、数多く出版されていますが、まず最初に読んであげたい絵本が、これ。

「だいどう だいどう くちゅくちゅくちゅ」「おつむ てんてん」など、わらべ歌を交えたリズム感のある絵本です。

「おてては どこかな」「あんよも あるぞ」と言いながら赤ちゃんの体を触ってあげて下さい(*^^*)

絵本の中に出てくる子供の名前のところは、私はいつも自分の子供の名前に言い換えて読んでいました。
そうすると、もっと親近感がアップするかな、と思って。



中身は、こんな感じです
 ↓ ↓ ↓
f:id:shihomaru:20170403150713j:plain
f:id:shihomaru:20170403150734j:plain


こちらから購入できます
 ↓ ↓ ↓
あかちゃんのうた改版 [ 松谷みよ子 ]





どうやって読んであげたらいいの?


一日の大半を布団の上で過ごす、この時期。

抱っこしたり、手や足に触れてマッサージしたり、オムツを換えたりする時に、「これは足ですよ。これは手、ここは、お腹」など、赤ちゃんに話しかけてあげると、スキンシップになり、もっといいですよ‼

抱っこして色々な物の名前、景色、匂いを話しかけてあげると、赤ちゃんの五感が発達します(^_^)v

こんな小さいのに、まだ理解できるはずがない!!と思っていませんか?

それは大間違い‼

赤ちゃんはお父さん、お母さんが思っている以上に、敏感に感じ取っていますよ🎵

話しかける時は、ゆっくりと、そして赤ちゃんの目を見ながら、お話してあげて下さいね


まだ視力が、よく見えないので読み聞かせてあげる、って感じかな。